Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

7月 13

油圧低下の恐怖、のつづき

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

血液であるオイルがなくなったエンジンの末路。

みなさんにもわかって頂けたでしょうか?

・・・・・

昨日のブログで紹介し忘れた、重要な画像があります。

・・・・

クランクシャフトです。

オイルによる潤滑がなくなったクランクは、直に金属同士がこすれあってしまい、

ゴリゴリズタズタになってしまってこの有様です。

これ、実際に見たことがある人にはわかってもらえるのだろうけど、

なかなか伝わりづらい様な気がしてます。

・・・

本来、クランクがベアリングと当たる部分(ジャーナル、といいますが)はピカピカツルツルなのです。

それが、写真のようにザラザラになってしまっているのですが・・・・

・・・

この状態、どう説明しよう・・・

・・・・

そうだ!

ブレーキパッドがなくなったのにそのまま使用していたブレーキローターみたいにガリガリに・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・・余計わかりにくい。

・・・・

・・・

説明はあきらめました。

とにかく、このクランクシャフトはもう使い物になりません。

・・・

純正部品、値段は8~9万円ぐらい?意外と安い?かな。

・・・・

・・・

クランクのメタルが逝ってしまうと異音が発生します。

「カンカン」というか「カラカラ」というか。

アイドリング時は音がして、ちょっと回転を上げると消えたりすることもあります。

早めに気付けば被害は最小限に抑えられるかもしれません。

最悪の場合は・・・・

足だし(コンロッドが折れてシリンダーを突き破る)して、オイルをぶちまけたあと、

それに引火してクルマが全焼。

・・・・

怖いですね。

エンジンオイル、ちゃんと交換してますか?

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply


× 1 = 二