Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

11月 26

打音の原因

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 整備

メタルが逝くと「打音」がします。


クランク、コンロッドの支持部分のベアリング、通称「メタル」。

こいつが焼き付き、摩耗すると、

「カンカン」とか「コンコン」とか、「打音」が出るようになります。


EJ20の場合、コンロッドメタルがトラブることが多いですが、

その時の打音はすこぶる大きい。

それはですね、

ピストンとヘッドが当たる音だからですね。



わかります?

写真左側、少し段差っぽくなっているところ。

これはまだ軽い方ですね。


もっと進行すると、ピストンにがっつり跡がついて、

その先はコンロッド破損、シリンダーを突き破って「足出し」が待っています。


怖いですね。

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “打音の原因”

  1. GC8 より:

    こんばんは。
    エンジントラブル、考えたくありませんがいつかは消耗してそうなってしまうんでしょうね。。。
    エンジンがダメになったころにちょうどデモカーが販売されてるタイミングだとかっちゃいそうですね!
    もしくは眠っているスーパーインプレッサGC8を買い取るか(笑
    あの車体、正直欲しいですね!

    • 担当A より:

      こんばんは。

      エンジントラブル、必ず来ます。いつかは。それをいかに先延ばしにできるかは日頃のメンテナンスにかかっていますね。とりあえずはオイル交換をちゃんとやりますか。

      例のGC8、いっときますか?(笑

Leave a Reply