Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

12月 12

デフの音、気になります?

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 整備

みなさんの車、気になる「音」がありますか?

・・・・・・・

車も「機械」ですから、大なり小なり音が発生します。色々なところから。

エンジンだけでも様々な機械音がしますが、通常そんなに耳障りな音はしないのが普通ですよね。

エンジンルームから黒板を爪でひっかくような音が響き渡っていたら、

とても車になんか乗っていられません。

・・・・・

ところが、異常が発生すると車というのは実に色々な音を出します。

みなさんも町中で耳をつんざくようなベルト鳴きの音を聞いたことがあると思います。

要するに通常しないような耳障りな音は、車が危険な状態になっているサインなのですが、

なかでも耳障りなのが「ギア、ベアリング」からの異音です。

・・・・・・

ギア、ベアリングの異常や摩耗で発生する異音は、

「ゴ~ゴ~」とか

「ゴ~リ~ゴ~リ~」とか

周波数の低い音が室内にこもって、耳を圧迫し、まるで嫌がらせを受けているかのようなストレスを感じます。

・・・・・

FRのデフの異常、主に組み付け時の調整不良で、ギアの歯の当たり具合が悪いと異音がします。

車速に応じてどんどん音が大きくなって、

アクセルのオン、オフで音色が変わります。

・・・・・

今日は、まさにこのような症状が出ているスープラのお話しです。

・・・・・・

まずはリフトアップして音の発生源を確認します。

確かにデフ周辺からうなり音が聞こえます。

運転席のO君、アクセルをオン、オフしてください。

はい、音質が変わりますね・・・・・ん?!

なんか、動いてはいけないところがアクセルのオン、オフに合わせて前後に動いているのですが。

・・・・・・・

早速デフを降ろしてバラしてください、O君。

ピニオンギアが前後に動きます。組み付けがおかしいです。

・・・・・・

ギアの歯の当たり方がおかしかったので、歯が摩耗してしまっています。写真ではわかりにくいですが。

これは交換するしかないですね。

・・・・・

リアのデフに使われているギアは、ただ組み立てればいいという物ではなく、

歯と歯の当たり具合、バックラッシュをきちんと調整しないと異音や破損の原因になります。

たまに調整が悪くて、デフからの異音が出ている車を見かけます。

・・・・・

みなさんも、車の音には気をつけてみてください。

たまにはオーディオの音量を下げてみると、意外な音に気付くかもしれません。

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply