Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 17

頼んでないです。

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 整備

こんにちは。担当Aです。

新型インフル疑惑もかれこれ1週間。どう考えても「タダの風邪」ですね、これは。

・・・・

このところ、インプレッサが流行っていまして、純正部品をたくさん注文しているのですが、

スバル、特にインプレッサの純正部品にはちょっとした注意が必要なのです。

・・・・

小変更の多いインプレッサは部品番号が頻繁に変わります。

後のモデルの物が互換部品として使用できる様になって、今までの部品番号の物はなくなってしまうのです。

・・・

それだけなら何の問題もないのですが、たまに「セット交換」になる物もあります。

たとえばこれ。

IMGA0015

インプレッサのエアコンとパワステのベルトとそのテンショナーなのですが、

写真下の小さな部品は注文していません。

テンショナーの品番が変わって、セットでこの部品も交換する必要があるのです。

「こんなの頼んでない!」とか

「余計に部品交換するのはイヤだから昔の品番のテンショナーをよこせ」

と言っても、もう古い品番の部品は生産されていないのでどうにもなりません。

・・・

これぐらいの部品だと追加の出費もたいしたことないですが、

3速のギアが摩耗したので交換したいけど、品番変更のためシンクロもセット交換。

シンクロはハブ&スリーブとセット交換。

ハブ&スリーブは4速シンクロとセット交換。

4速シンクロは4速ギアとセット交換。

本来交換したい3速ギア以外にセットで交換する部品代は2万円以上!

・・・

しょうがないとはいえ、あまりにも手痛い追加の出費。

・・・・

これが、同じ型式中でも最終型ならばこういった互換部品は比較的少なくて済むので、

こういうのを見てると

「やっぱりクルマは後期型を買うに限るなあ」

と、思ってしまうのも当然です。

・・・・

・・・

・・・・

でも、

「新型エンジン」とか「新メカニズム」などに、つい惹かれてしまうのもしょうがないですよね?

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply