Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

5月 15

GDBタービン交換+2.2L

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

全国のインプレッサファンのみなさん、こんにちは。

愛車の調子はいかがですか?

・・・・・

インプレッサと一言に申しましても、実にたくさんの種類がございまして。

外見だけで見分けられる人は少ないのではないでしょうか。(というか、いるのですか?

・・・・

私?もちろん・・・・・見分けられません。

・・・・

GC8、GDB、GRBは見分けられますよ。

ただ、

GC8のF型とG型とか、

GDBのC型とD型とか、

外見では全く区別がつかないのですが。

・・・・・

・・・

見分け方の話はこの辺にして。

・・・・

インプレッサファンのみなさんと冒頭で書きましたが、

正確には

「GC8ファン」

「GDBファン」

「GRBファン」

のみなさん、ではないですかね?

私が思うには、

インプレッサ好きの人は「インプレッサ(という車)」が好きなのではなくて、

特定の型式の車両がお気に入りなのかと。

・・・・

・・・

GC8が好きだから、新しいGRBには乗り換える気にならない

そんな人も多いのでは?

・・・

・・・

GRBに乗り換える気がないから、今乗っているインプレッサにお金をかけて

さらにお気に入りの一台に仕上げる。

・・・

そんなあなたのためのこのプラン。

・・・

「タービン交換+2.2L」

・・・

出力アップには手っ取り早くタービン交換が有効なのですが、

ブーストの立ち上がりが高回転よりになってしまい、低、中回転のトルクが犠牲になってしまいます。

そこで、2.2L化することによって低回転のトルクを稼ぎ、

ノーマルと比較しても十分な乗りやすさを確保しつつ、高回転でのパワーを手に入れる。

なんとも欲張りな要求が、このプランでは実現してしまうのです。

・・・

imga0583

・・・・

・・・・なんですかこれ?

・・・

縦になっているとエンジンだかなんだかわからないですが、EJ20です。

imga0590

・・・・

今回使用したタービンはHKSのGTタービンです。

純正交換タイプで、特にエキマニなどは交換していません。

エアクリーナボックスも純正なのでエンジンルームはほぼノーマル状態。

それでもほぼ全域でトルクアップを達成し、

390PS 53kg-m

という結果。

・・・・

・・・

これなら普段のストリートユースは快適に、

サーキット走行も十分にこなします。

・・・・

・・・

今回紹介したお車はこちらです。

imga0621

・・・・

オーナーのAさんにはすっかりご満足頂けました。

今後ともこのGDBを大事に乗って頂けるとこちらとしてもうれしい限りです。

・・・・

この度は誠にありがとうございました。

・・・

・・・

・・・ところで、

インプレッサ見分けられる人、いますか?


2Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “GDBタービン交換+2.2L”

  1. hirohiro より:

    EJ20って本当にコンパクトなんですね!

    僕の親父はGC8のVer5に乗っていて、2年ほど前にVproのブーストアップをJUNさんにやっていただいたのですが、親父が、
    「今度2.5LTD06で500馬力出したいなあ~」と・・笑
    結構お金かかりそうですよね?

    インプもそうですが、ランエボもですよね・・。
    見分けが分からないですっ

  2. 担当A より:

    コメントありがとうございます。

    そうですね。EJ20はコンパクトです。やたらに幅は効かせてますが(笑)
    2.5L+TD06といえばお約束のパターンですね。馬力も費用もかなりの物です。ミッションもGC8用のままではそれこそ「バラバラ」に・・・・。

    お父様のver5の調子はいかがですか?5と6を見分けられる様になって下さい。

    ちなみに私はランエボなら見分けられます。

Leave a Reply


一 × 3 =