Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

6月 8th, 2017の履歴

Z34 フェアレディZ

投稿者名: Hatanaka 6月 08th, 2017 | カテゴリ: お知らせ,チューニング,一般情報,整備

いつもお世話になっております、畑仲です(^。^)。

ちょっと前のお話ですが、Z34のプラグ交換しました。

Z34の場合は、プラグはメンテナンス不要と言うイリジュウムプラグですので、交換するにもタワーバー外したり、スロットルボディを外したりと中々手間が掛かります。(~_~;)。

左右のスロットルをこのように外して、交換になります。

そして、プラグはこの写真のDENSOのプラグが標準で付いているプラグです。

DENSOのプラグは表記の数字を3で割るとNGKの表記の熱価になりますので、標準はNGKで言う8番ですね。そしてギャップが1.4mmもあります。交換したHKSのレーシングプラグはNGK製で、M40HLといいます。これは40を5で割ると通常の熱価になり、NGK8番相当になります。

街乗りで8番は高いような気もしますが、経験上8番でカブってしまうようなことはありませんので、当社ではいつも8番を使っています。標準のプラグギャップが1.4mmと言うのはかなり大きくて、スパークが飛べば火が大きくて良いのですが、条件が悪くなったときにスパークしにくくなります。レーシングプラグと呼ばれているものは大体0.6mmとか0.7mmのギャップです。弱くても確実にスパークさせる為です。

普通に使うには標準で何の問題もありません。過給機でブースト高くしたり、ハイコンプピストンで圧縮比が高くなったり、高回転の連続使用でプラグの温度が上がってしまう時などレーシングプラグが必要になります。

標準で8番とは、さすがZですね(^。^)。ぶん回すの前提ですw。

それから現在オリジナルのピストンを製作しています。もうじき手に入る予定です。以前使っていたピストンからいろいろ改良したピストンを作っています(^。^)。

これができればVQ37改、4.1Lも可能になります。ロングストローククランクは既に出来ているのでピストンさえ出来れば、揃います(^。^)。

まずは、純正ストローク用を作って、上手くいったらロングストローク用も作る予定です。ようやくスペシャルクランクが日の目を見れます(^。^)。

こんな奴です^^。

 

数値にはモザイク掛けてますが、なかなかかっこいいです。予定ではだいぶ軽くなりそうです。

 

 

コメント(2)