Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

8月 25

トラブルシューティング再び

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: 一般情報,希少種,整備,雑談

お世話になっております。畑仲です。

先週もトラブルシューティングと題して記事を上げたのですが、またまた入庫です。原因不明で調査中のお車も含めると3台まとめて抱えています(^_^;)。

今日のお車はZ31にRB26を載せてしまったお車です。もうずいぶん長く当社で担当させてもらっています。

IMG_3526

今回はエンジン不始動、FUELポンプ回らずでした。お車引き取って点検して見たところ、ポンプには電源来ています。

ははーんアース側かな?と思い、ポンプリレーがアースに落とすので、ポンプリレーの端子で電圧測ると・・・・来ています(^_^;)。

ポンプの-端子をアースするとポンプ動いてエンジン掛かるので、間違いなくアース不良なのですがポンプリレーの端子をアースしても動きません(・・?。

配線図から、配線を追いかけ、コネクターにたどり着きました。

IMG_3527

エンジン換装しているので、BNR32のECUにZ31のECUハーネスを繋いでいます。配線を剥いて、ポンプの端子から追っていくと・・・・見つけました。

これが原因ですね(^_^)v。

IMG_3528

端子が焼けてしまっています。

大容量ポンプの大電流に耐え切れなかったか?そもそも古いので接触抵抗から発熱したのか?どちらかですね。

絶縁されているわけではないので、端子に電圧計つなぐと12V出るのですが、抵抗が大きい為、電流流れずにポンプ回らなかったみたいです。

コネクター部分をバイパスして、完了しました。

 

 

 

74Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply