Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

8月 8

触媒トラブル

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備

いつもお世話になっております。畑仲です。

先日パワー出ないGRFを記事にしましたが、バルタイに問題なくて触媒を点検して見ました。SUBARUの触媒は、セルの前後のパイプが曲がっているので直接は見えません。しかし、少しだけ見える端の方がおかしなことになっていたので、お客様の了解を頂いて、切ってみました。

IMG_3488

こんな風にパックリと・・・。なんでも無いとまた溶接するようですね(^_^;)。

IMG_3487

こんなになっていました。あまり酷くはないですが、崩れて目が詰まっています。

お客様の話では、高速道路走行中にオーバーヒートで、エンジン壊れて、地元で直したとの事でした。エンジントラブル起こしたときに、エンジンチェックランプや他の警告灯も点いていたと言う事なので、排気温度が異常に上がってしまったのでしょうか?

IMG_3489

触媒を新しい物と交換してセッティング取り直したら、330psでました。トルクは53kg-mもでました。

IMG_3490

原因判ってよかったです(^_^)v。

 

56Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply