Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

2月 25

BRZ筑波サーキットアタック

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: イベント,サーキット,デモカー,一般情報

2/23日 Hot Version DVDの公開収録でJUN BRZを走らせました。

ドライバーさんは、フォーミュラNIPPONやGT等に乗り、ルマンでは優勝までしているというプロドライバー荒聖治選手でした。

IMG_2610 IMG_2611

最初に15分の練習走行。キャリパー新品だったので、スロー走行からはじめてもらい、ブレーキの焼きいれ等様子見2LAPのあと、アタックラップに入りました。ここで1’01″163。なかなか良いタイムです。が、急遽ピットイン。スロットルが開かなくなったとの事。一旦エンジン切って掛けなおすと直ってしまうのですが、以前の富士シェイクダウンでも症状が出ていました。その後テスト走行しても出なかったのですが、プロが走ると素人ドライブでは起こらない何かが起きるのか?

ただ今回はVSCキャンセラーを付けているので、エンジン再始動するとノーマルに復帰してしまい、VSCが激しく介入するのでまともに走れなくなります。そこで荒選手コースサイドでエンジン掛けなおしたりと、かなり面倒掛けてしまいました^^;;申し訳ありません。

IMG_2615 IMG_2619

次に予選で15分。

練習走行では問題もあったのですが、荒選手のインプレッションは、ものすごくバランスが良い。フォーミュラカーのように良く曲がるし、すごく早いと絶賛でした。エンジンが軽くなっている影響も大きいと思いますが、ショック(ENDLESS FUNCTION PLUS ハード)もいじらなくて良い、ブレーキ(ENDLESSキャリパー スーパー耐久仕様)もすごくバランスが良い、ということで、エアー調整だけしました。ADVAN A050のMです。1.5kスタートで温間1.8k位で使います。

予選アタックに入って、ギヤが合わなくて11,600rpmのレブにちょっと当てたら、エラーになってスロットル開かなくなったようで、すぐにピットイン。今度は、VSCキャンセラーがうまく作動しなくて四苦八苦している内に残り時間ギリギリで1LAPのみアタック出来ました^^;;。

ドライバーさんにはいろいろ迷惑掛けています(^^;A)

この後は撮影などして、土屋さんや谷口さん織戸さんなどのインタビューなど受けました。DVDに収録されていると思います。この時もなんだか吹けなくなったり、怪しい匂いが・・・・。カットされてるだろうか。あははは(^^;。

その後リバースグリッドで模擬レースだったのですが、なんだかおかしいのでデーターログ確認したり、データー点検したり。スロットルサーボのフェルセーフを解除してみたりやっていたのですが、エンジンがすとんと止まりました??。

いろいろやっても掛かからず??。どうやらクラセンの信号が取れていないようでエンジンかかりません。模擬レースのスタートになってもエンジン始動できずリタイヤになりました(-_-;)。荒選手は楽しかったですと言ってくれましたが・・・・。

その後もエンジン掛からず、コース上の置き撮りも車を押してもらう始末・・・・。

マイナーなトラブルで情けないです。

IMG_2626

IMG_2627

はじめのうちはマイナートラブル付き物ですが、今度こそはトラブル無しで走りたいです。

ただ今いろいろ対策中です。トラブル克服出来たらまた走らせます。こんどはGSで分切りだ(>_<)。

 

 

80Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply