Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

2月 8

コペン車高調

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

最近、車高調のご依頼が回復基調のような気がします。担当Aです。

 

今回は「コペン」です。

コペンの車高調は数社から発売されていますが、本格スポーツ走行を考えた場合、「コレ」といった物がなかなか見つからないのです。

 

そこで今回使用した車高調はトライフォースさんの「G-effect DC PRO」。

デモカー開発では毎度お世話になっております木下みつひろ選手がプロデュース。

フロントのアッパーマウントはピロボールの調整式、リアの車高ももちろん調整可能。

 

 

減衰力は20段調整です。

 

今回はノーマルサスペンションからの仕様変更で、ストリート優先ということもあり車高のダウン率は控えめにしました。

これからガンガン走り込んでもらって、ドライバーさんのスタイルと走りのステージに合わせたセッティングを決めてもらいます。

相談しながら必要に応じて車高やアライメントも変更するようかも。

 

車高調って何?一体どうやって選べばいいの?とお困りの方、

是非一度ご相談下さい。

 

 

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “コペン車高調”

  1. GC8→DC2 より:

    こんばんは。
    当方Cリング式のオーリンズ(グレード不明)を取り付けてます。
    あともう1切りかきぶん下げたいのですが、干渉が怖く、躊躇しており
    車高調の意味をなしていません(笑
    やはり車高調はフルタップ式でネジネジしてやるタイプのが一番いいかと思います。
    新品ダンパーに微調整が容易なケース!!
    うらやましいです!!

    • 担当A より:

      コメントありがとうございます。

      Cリング車高調ですか。懐かしい感じがしてしまいます(笑
      最近では見ることも少なくなりました。

      DC2さんもフルタップ車高調、いかがですか?

Leave a Reply