Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

11月 16

EJ207鍛造ピストン

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

いきなり寒いですね。

毎度お世話様です。担当Aです。

 

置いてみました。

 

エンジンはEJ207、GDBです。

当社2.2Lキットを組み付け中。

この光り輝くピストンも、組んでしまえば見ることはできませんね。

 

置いてみました。

 

ピストンリングです。

 

ピストンやリング、メタルなどは、細かなクリアランスの調整が必要です。

どれぐらい細かいかというと、100分の1ミリ単位です。

 

写真の様に、ピストンリングは1箇所キレていますが、

シリンダーに組み込んだときもここは微妙なすき間が開きます。

リングの合い口すき間というのですが、ここも最適値に調整する必要があります。

 

組み付けるパーツには微妙なバリがあったりするので、これらは丁寧に仕上げてから組み付けます。

 

なにやら特別な事をやっているように聞こえるかもしれませんが、

エンジン組立をするにあたっては、極々当たり前のことです。

 

当たり前ですが大事なことなので記事にしてみました。

 

それではまた。

 

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “EJ207鍛造ピストン”

  1. GG→GDB より:

    担当Aさん。毎度お世話になります。
    これってうちのインプに乗るエンジンですよね??
    毎回、丁寧な作業ありがとうございます。

    私としても、一度も見れないのが残念でなりません(笑

    • 担当A より:

      こんにちは。毎度コメントありがとうございます。

      はい。まさにそうです。
      見えなくなる前に写真を残しておこうと思いまして。

      もうしばらくお時間を下さいね。

Leave a Reply