Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

6月 28

エアクリーナー交換の効果。

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日は、インプレッサGRBなどのエアクリーナーについてです。

 

 

エアクリーナーについてはあちらこちらで諸説入り乱れ、いくつもの「常識」が乱立してみなさん混乱しているようです。

 

特に「むき出し」タイプについては意見が分かれるところですね。

 

 

まあ、混乱の原因はわかってるんですけど。

それは、全ての車種に同じ常識を当てはめようとするから混乱するんですね。

 

エアクリーナーの位置や、ターボ、NAの違いなどで、一概には言えないんですよ。

 

今回はインプレッサGRB、GRF、GVB、GVFについてですが、長いので以下「GRBなど」で。

 

GRBなどの純正エアクリーナーボックスはパワーが出づらいです。

4000回転以上でだいぶ抵抗になっているようです。

フィルターの問題ではなく、ケースそのものの形状や通路断面積によるものかと思われます。

 

GRBなどのブーストアップ仕様の場合、

ノーマルクリーナーケースから当社サクションキットへ変更すると20psぐらいのパワーアップが期待出来ます。

 

つい先日ブーストアップしたGRFの場合、なんと30psも上がりました。

 

GRBなど用の当社サクションキットはエアフロ部分の内径が純正よりも大きいので、

吸気抵抗も最小限になるように作られています。

ただ、そのせいで専用セッティングが’必要になってしまいました。

 

当然ですが、ECUの専用データーは用意してあります。

サクションキットとECU、ブーストコントローラー、プラグなど、ブーストアップセットメニューがお得です。

 

新しいモデルにも随時対応していきます。

GRBなどにお乗りの方で、興味のある方は是非一度お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply


4 + 六 =