Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

12月 27

往年の・・・・

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

最近ではあまり見かけなくなってしまったこのクルマ。


そう。「ピアッツァ」です。


写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、非常にコンディションの良い車両です。

外装はオールペイント済みで、先進的なデザインと相まって古さをあまり感じさせませんね。

とても昭和のクルマとは思えません。


このクルマ、おじさん達にはなじみが深いのか、

工場にあるのを見かけると「懐かしいね~」とか声がかかります。


ですが。

今となっては見かけることもほとんど無いので、若い世代の方には未知のクルマに映るようで。


「これ、なんてクルマですか?」

「ピアッツァです」

「へ~、初めて見ました。きれいなクルマですね」

「そうですね。大事にされてますから。」

「何年ぐらい前のクルマですか?」

「20年以上前のクルマですね」

「なるほど。ところでどこの国のクルマですか?」






日本車です。



イスズです。

昔は乗用車も作ってたんですよ~。



と、いうぐらい、若い方には馴染みの薄いクルマですが、

今となっては希少な車両です。


オーナーさんはピアッツァオーナーズクラブの会長をしているぐらいの

由緒正しい(?)ピアッツァ乗りです。


純正部品の生産が廃止されていく中、維持するのも大変になってきましたが、

これからも末永くがんばって欲しいものです。

当社もできる限りお力になります!




0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply