Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 19

LSD組み付け

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日はGRBにLSDを装着してみます。


まず、車両からトランスミッションを取り外してください。

とっても重いので要注意です。

腰に爆弾を抱えている人は特に注意してください。



車両から取り外したミッションを分解します。




この中にフロントデフが入っているので、LSDと交換してください。

今回使用するのは「クスコ タイプRS」です。


さて、ここで「重要な調整」があります。


ハイポイドギアを使用したデファレンシャルの場合、ドライブギアとドリブンギアの位置調整が必要です。


「歯当たり」と「バックラッシュ」です。


歯当たりはギアの歯面に光明丹を塗って確認します。

必要に応じてドライブピニオンの突き出しを調整してください。


バックラッシュは、サイドベアリングリテーナーを回転させて、デフの位置を変えることで調整します。


歯当たり、バックラッシュともにここの穴から確認します。


ここです。ドレンボルト穴です。



このように、ドリブンギアが見えます。

バックラッシュの測定には特殊な道具が必要です。


ギアの調整が終わりましたら、元通りにミッションを組み立てて、

車両に搭載して完了です。


以上、簡単に説明しましたが、おわかりになりましたでしょうか?


是非あなたもチャレンジしてみてください。





冗談です!


スバルのミッションは、脱着、分解組立、調整、どれをとっても大変なので、

経験豊富なショップに依頼してください。

興味のある方は、是非ご相談を。


腰に爆弾があるのでGRBのミッションが怖い担当Aでした。






0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply