Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

9月 26

下手なこと言えないです

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 雑談

最近、インターネットのおかげで情報収集がしやすいのですが、

デメリットも相当あるような気がしますが、みなさんいかがでしょうか。

・・・・

最近困ってるのネタは、

「マフラーは交換するとかえって遅くなる」

というもの。

・・・

えっ?!

・・・

・・

まあ、アフターのマフラーメーカーさんの存在そのものを根底から否定するようなお話しですが、

あちらこちらでさも「これが真実」といわんばかりに書かれています。

特に「質問掲示板」的なところに多いですね。

・・・

・・・

中には

「最近のクルマはノーマルの状態で最速になるようにできているのでチューニングを受け付けない」

・・・

・・・

えぇっ?!!

・・・

・・

これまた大変な話です。

これが真実だとしたら、ウチ、倒産です。

・・・・

・・・・

確かに、ノーマルの状態は非常に良くできています。

それに手を加えて出力をアップさせるわけですから、何らかの犠牲はあるでしょう。

音が大きくなるとか、

燃費が悪くなるとか、

振動が大きくなるとか、

耐久性に劣るようになるとか、

家計に響くとか、

奥さんに怒られるとか、

・・・・

・・・・

それを承知でパワーアップさせるわけです。

最初から「ノーマルが最高」といわれたら、ウチらの商売あがったりです。

発言は自由ですから、何を言おうと勝手です。

あとは、受け取る側の問題ですね。

みなさんもご注意を。

0Shares
コメント(12)

関連記事

12 Responses to “下手なこと言えないです”

  1. サーキットサプライ より:

    これはこれは工場長

    全くその通りです。全くもってその通りです。
    チューニング業界に限らず、ほとんど全てにおいて情報操作の被害は避けられないと思います。

    マフラーだけのハナシでは無く、本当に「これじゃあノーマルのがイイや」
    って商品が数多く存在するからこんな事態になるんでしょうけど。

    特に車高調なんか、悪いトコ取り商品がいっぱいあります。ああ、書きたい。

    弊社みたいな零細企業ではかなり頻繁にこういうことに遭遇いたします。

    だから、ちゃんとお客様に教えてあげるのも大事だと思っています。

    昨日のラジエターのハナシでも、どうせ雑誌はイイことしか書かないでしょう。
    でも、どう見たってノーマルと大差無いし、エアコンは確実に効かなくなる。
    多くのショップは売り上げが欲しいから、それを言わないで付けさせる。

    で、一番の被害者はお客様と言うことになります。

    ガッカリしたお客様はもうチューニングをしなくなる。
    それこそ我々にとっては忌々しき問題ですよね。
    もう、なりかけてるような気がする。

    地道に啓蒙活動を続けていきます。

    今から中国のオートサロンに出発致します。

    向こうでインネンつけられて拿捕されたら当分、帰ってこれません。

  2. やぎ より:

    中国も奥さんも対応が難しいですね(^o^;)
    内緒でチューンするのに苦慮します。

  3. EVOXオーナーになりたい より:

    おっしゃる通り格段に情報収集はしやすくなりましたね。
    一方では情報を発信しやすくなった分、雑多な情報がいろんなところに
    あって、言ったもん勝ちみたいになってますし、その中から必要な
    情報を探すのがまた大変だったりしますが。

    それにしても、「ノーマルが最速」ってのも極端ですね。
    しかも断定口調。。。その自信は一体どこから来るのでしょうか。
    分けて欲しいくらいです。

    そんな戯言を一蹴するとびっきりのチューンドカーを、これからも
    お願いします。

  4. 担当A より:

    サーキットサプライさん、無事ですか?(笑

    世の中、「売らんかな」な製品や、「とりあえず」な商品がたくさんありますからね。見極めるのも大変です。
    ハズレを引いたお客さんは、おっしゃるとおり「がっかり」してチューニングをあきらめちゃう。問題ですね。

    マフラーなどは数が多いので、ユーザーレビューで事前に確かめるのも難しいですしね。

    あ、ここでは特定の製品を名指ししてはダメですよ(笑

    では、また会えることを祈っています。

  5. 担当A より:

    やぎさん、コメントありがとうございます。

    チューニングに関する一番の問題は、意外と「奥さん」だったりしますよね(笑

    みなさん、あの手この手でがんばってますね。

    新車購入時に、奥さんに見せる前にパーツ交換。はじめからこうだったと言い張る作戦。
    決して交換した部品は持ち帰らず、見えない部分しか手を加えないコッソリ作戦。

    世の旦那さん達、がんばっていきましょう!

  6. 担当A より:

    EVOXオーナーになりたいさん、コメントありがとうございます。

    情報量が多くなればその分ウソも多くなるのはしょうがないです。受け側のスキルが要求されますけど。

    それにしても「自信をもって」「断定的に」発せられる誤情報の多いこと多いこと。

    発言に責任を持たなくていいせいか、平気で言い切りますよね。本当にうらやましい。

    踊らされないように気をつけましょう。

  7. モモっち より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    まぁアフターパーツは女性のお化粧みたいなものですからねぇ…w
    280馬力規制撤廃とかバイワイヤアクセルとか可変バルタイとかで
    メーカー純正の素顔状態でもかわいい子が多くなったのも確かだと思いますけど
    アクセルコントローラとかでちょっといじるだけでもぐっとよくなることもありますし
    JUNさんみたいなプロメイクアップ師(整形医師?w)にかかればもっとかわいくなりますよねー
    下手なとこだと素より悪いってこともあるでしょうが

    • 担当A より:

      モモっちさん、コメントありがとうございます。

      なかなか面白いたとえですね。実に的を射ています。

      確かに最近のクルマはすっぴん(笑)でもなかなかの美人ぶりで、上手にメイクしないとかえって魅力を落とすことになりかねませんね。

      大事なのは元々持っている魅力を引き出す、ってことだと思うのですが、女性のメイクと同じで本人(ユーザー)が本来の魅力とは違う方向を目指しているときがやっかいです。
      また、そんな感じのメイク用品(チューニングパーツ)があったりもしますので要注意ですね。

      いつもしょうもないブログにお付き合い頂きありがとうございます。

      これからもよろしくお願いしますね。

  8. まゆげ より:

    凄い遅コメで申し訳ありません。

    少しだけ意見があって書き込みさせて頂きます。
    私も10数年、プライベートで車をイジっていました。
    そこで思った事はアフターパーツの多くは、品質や耐久性で純正部品に劣るものが多く、中にはデメリットしかえられない物も多いと思いました。

    特に他の方が仰られている足回りのパーツ。特にショックは酷いです。
    結局、私は海外のO社やB社系の物に落ち着きました。
    国内メーカー良い製品も合ったのですが、A社とかH社とか…
    J社やC社等は絶対に使いたくありませんね。

    そして、いい加減なチューニングショップもとても多かった。
    知人が大枚叩いてチューニングした車の補修を私は何度かした事があります。
    本当に酷い加工やセッティングで、乗れたものではありませんでしたよ。
    不要なパーツも多く買わされたようです。

    そんな現状を知っているので、私はイジるならば自己の知識、技術内でイジればと、若い方に言いたいです。

    ノーマルが速いとは絶対に思いませんし、考えた事もありません。
    しかし、業界の方々が(中古車業界も含め)詐欺的な営業を続けた結果が「ノーマルが良い」と言う極端なネットの噂を生んでいるように感じます。

    JUN様には関係ないのですが、チューニング業界の闇の部分を多々見てきたので自業自得なのかな?と、個人的には思います。
    すみません。否定的な意見です。

    • 担当A より:

      コメントありがとうございます。

      おっしゃることはよくわかります。立場は違えど、同様の経験はそれこそ数限りなくあります。チューニングカーの手直しが必要な例は本当に多いです。明らかに「改悪」されている様なクルマもたくさん見ました。

      チューニングパーツといわれる社外部品についても、性能や品質に問題があるものが見受けられるのも事実です。

      本来でしたらサービスを提供する側であるショップの人間が、十分ご満足の頂ける様にパーツ選択と技術提供をするべきなのでしょうが、業界全体としてはそれがなされていないのが実情であり反省すべき点は大いにあります。

      自動車の「改造」を行う側の問題で、「改造」に対するイメージが悪くなっているのはまさに自業自得であり、嘆かわしいことです。

      「改造」や「アフターパーツ」そのものを真っ向から否定する意見は到底受け入れられませんが、今回頂いたような意見は真摯に受け止めるべきだと思っています。今後もご意見がありましたら遠慮なく書き込んでください。

      最後に、「詐欺的な」の件についてはちょっと否定させてください。
      チューニングを含む自動車を取り扱う業界は、多くは「知識、技術不足」です。
      製造者側の専門の研究者が開発、設計した「機械」に、到底その知識に及ばない人間達が「なんとなく」の知識と経験で手を加えている場合が数多くあります。
      当然ながら満足のいく結果が得られるはずもなく、問題も多いでしょう。これは、サービスを受ける側からしてみれば到底納得がいくものではないと思いますが、少なくともそこに「悪意」は無いと私は思っています。なので、「詐欺」ではないと、そう信じたいですね。同じ業界人として。

  9. まゆげ より:

    担当A様

    ご返答有難うございます。
    「詐欺的な」の件ですが、ん~としか私には言えません。
    「悪意」の無い業界になって欲しいとは思いますが…

    • 担当A より:

      そうですね。多くは「悪意」が無いと信じたいですし、今後もそうあるべきだと思いますね。

      今後もご意見がありましたら遠慮無くコメントしてください。

Leave a Reply