Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

9月 14

釣りネタ。

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 雑談

先日の台風のあと、いくらか涼しくなってきましたかね?

・・・・

夜はだいぶ過ごしやすくなってきたような気がしますが。

・・・

さて、今日は・・・・・最初に言っておきます。

脱線します。

完全にクルマの話はナシです。

しかもマニアック。

・・・・

・・・・

この夏は暑い上にきわめて雨が少なかったですね。

夕立もあまりなかった気が。

・・・・

こういうときは・・・・・ダメなんですよ。釣りが。

雨が降らないから水も少なくなって、水温も上がるし、魚の活性が下がって非常に釣りづらい。っていうか釣れない。

・・・・

・・・

ですが先日の台風でまとまった雨が降ったハズなので、早速渓流に行ってきました。

・・・・

が、

・・・

水が少ない。

・・・・

・・・

釣り場のオーナーに聞いたところ、「台風のときはちょっとしか降らなかったよ」ですって。

残念。

・・・

・・・

まあ、せっかく奥多摩まで来たのだからそのまま帰るのも何なので、釣り始めてみました。

・・・

とりあえず、コンディションが悪くて渋い状況が予想されるのでロッドはスプーン用とミノー用の2本。

渓流を歩くのにロッドを複数持って行くのはイヤなのですが背に腹は替えられません。

・・・・

さて、落ち込みの脇の緩い流れにシンキングミノーをキャスト。

軽くトゥイッチを入れながら引くと早速チェイスが。

なんだ、追ってくるじゃん。と思ったら手のひらサイズのヤマメ。

このサイズ、追うけど食わない。

何度投げても追ってくる。でも食わない。

こんなのと遊んでてもしょうがないのでポイントを変えます。

・・・

次は落ち込みの白泡が切れるあたりを重点的に狙ってみました。

が、出ません。チェイスの一つもありません。

・・・

そこで、ルアーをスプーンにチェンジ。

2.5gのスプーンを落ち込み上にキャストして白泡の中に落とし込みます。

これで来ました。

・・・

まずまずののニジマス。

今日はイワナを釣るのが目標なので、次はパターンを変えてみました。

・・・・

小さな落ち込み脇の、水深もなく流れも緩やかな岩の脇ギリギリにスプーンを通してみます。

すると・・・・

出ました。

岩陰から猛然と飛び出して来てルアーにアタックしますが惜しくもフッキングならず。

・・・

この出方はイワナか?

・・・

再度同じラインを通すと、またもアタック。だがフッキングならず。

・・・

もう一度、さらにもう一度。

何度投げても出てくるのですが、フッキングならず。

しかし、なんでこんなに何度も同じルアーにアタックしてくるんだ?頭悪いのか?

・・・

何度も出てくるその姿を見ていると・・・・色が明るい。

どうもイワナっぽくない。

いや、この際イワナかどうかはどうでもいいんです。

何度もアタックしてくるコイツを釣らなきゃ気が済まない!。

・・・・

今度は、そいつがかくれてる岩の近くでルアーを一回止めて、バイトのタイミングをつくってやりました。

これが大正解。見事フッキングに成功!

・・・

無事ネットに収まったのは・・・

・・・・

・・・・

・・・・

ニジマスだよ・・・・・。

・・・・

・・・

まあ、このコンディションで釣れるだけいいかな、と思いつつ色々なポイントをたたいてみましたが

ホントに出ない。

ここぞと思うところにいる魚は全く口を使ってくれません。

ルアーも、スプーン、ミノー、プラグ、スピナー、何投げても無反応。

・・・

釣りづらい所はプレッシャーも低めのハズ、とばかりにルアーをキャストしづらい遠目の小さなポイントを責めてみます。

でも、そういうところはピンポイントのキャスティング能力が必要なので、なかなか決まりません。

川じゃないところにルアーを送り込んだのも1度や2度ではありません。

これでルアーが痛むんだけど。

・・・・

デカイ岩の上からみると軽く50cmオーバーしてるであろうニジマスが、

数匹の中型と定位してるのが見えます。

しかしここは釣りづらい。

現在の立ち位置と水面の高低差は実に3メーター。

こんな上からルアーを引いたら水面から飛び出してしまいます。

・・・

ディープシンキングのミノーをキャストして、それでも潜っているのはほんの1メートルぐらい。

かなりピンポイントに魚が定位している後にキャストして、

正確に口の前を通してやらないといけません。

が、

キャスト精度の悪さが・・・・・。

5回目ぐらいでヤツの口の前を通り、いけるか?と思ったら、

食ったのはとなりにいた小さいヤツでした。おまえじゃないぞ。

・・・

何とか岩を降りつつ魚をキャッチし、

元の岩の上に戻って見るとデカイヤツはどこかへ消えてしましました。残念。

・・・・

・・・・

その後も流れにからんだ、すごく釣りづらいところでちょいちょい出てくるぐらいで、

4時間ほどで6匹。全部ニジマス。

・・・・

・・・

渇水とは行かないまでも、平水よりは少し少なめで、プレッシャーの高いこのコンディションではしょうがないと思いつつも、

キャスティングの精度がもっと上がれば釣果は上げられたはずと自分を戒め、

今年最後の夏の渓を後にしたのでした。

・・・

・・・

・・・

とまあ、完全に釣行記を書いてしまいましたが、残念なのは写真が無いこと。

デジカメはおろか携帯すら所持していなかったので。

・・・

・・・・

いかがでしたでしょうか。

意図的に釣り用語を使って釣行記らしさを出してみましたが。

・・・・

さて、念のために・・・・

・・・

このブログは「ジュンオートメカニック」のオフィシャルブログです。

クルマとチューニング情報満載でお送りしています。いつもは。

・・・

ではまた。担当Aでした。

0Shares
コメント(6)

関連記事

6 Responses to “釣りネタ。”

  1. GC8 より:

    奥多摩で釣りってどのあたりなんですかね?
    橋とかから竿固定して釣ってる人は見ます。

    大学のころはやってましたけど、最近じゃ車につめない&車にお金がかかりすぎる(笑)ということでほかの趣味にはあまりお金かけられていません・・・(笑

  2. ma○yama より:

    本日、GDBインプレッサ丸目、仕様変更によるセッッティングで持ち込みました、ま○山です。自分もかなり釣りキチ(メインはルアーバス)なもので全然状況わかります。自分のホームとしている荒川の、秋?瀬の堰のスモールマウスは、暑いほど良いポイントなもので、異常な暑さで、更に昨年からルアーにこだわらなく成り、ミミズ使用で7~8月は、こんな事ありえなかった毎回20本以上ゲットの爆釣でした。ルアーの人が餌使うと凄い事の成りますよ。ヤバイです。ルアーに戻れなく成りそうです。

  3. 担当A より:

    GC8さん、コメントありがとうございます。

    すいませんね、わかりにくいネタで。

    奥多摩といっても支流なので、奥多摩湖の方じゃありません。あっちの方に行くと鯉釣りの人が投げ釣りやってますよね。

    奥多摩湖にはやたらにデカイ鯉がいるとか。

    トラウト(マス)のルアー釣りはそんなにお金かからないですよ。安い道具を使えば。

    担当Aも安めの道具で済ませてます。
    さすがに5万も6万もするようなリールとか買えないです。

  4. 担当A より:

    ま○山さん、コメントありがとうございます。

    バスですか。荒川ですか。いいですね。

    スモールマウスで餌ですか。そんなに釣れるんですか?
    私もたまに思います。「餌だったら釣れるんだろうな」って。
    以前はえさ釣りもやってましたが、すっかりルアーにはまってしまいました。
    魚が猛然とルアーにアタックするあの瞬間がたまらないので。

  5. TK-GGA より:

    こんばんわ TK-GGAです。
    釣り用語も、チューニング用語と同じで、普通の人には??な用語が多いですよね。(私も釣りキチなので普通に読めますが)
    私も若い頃はルアー一辺倒だったんですが、最近はエサ釣りの方が多いですね。
    先週はたまたまトヨタのお膝元愛知県に出張だったんで、海釣りしてきました。
    最後に少しだけ車絡めて見ました。

  6. 担当A より:

    TK-GGAさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    どこでも専門用語、業界用語は難解なものがおおいですよね。

    まあ、釣り用語の場合はカタカナを使わなければ理解出来ることが多いですけどね。
    ロッド→竿、ラインブレイク→糸が切れた、とか。

    TK-GGAさんもルアー卒業組ですか?
    私は近年「生き餌」がダメになってしまって・・・・・。
    イソメとか、絶対無理です(笑)

Leave a Reply