Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

9月 8

超H22A

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

台風ですね。

これで一気に秋になるのでしょうか?ならないでしょうね。

・・・・

さて、今日のお題は「H22A」

・・・

「ロケット?」いやいや、違いますって。

・・・・

あ、誰もそっち側には行きませんか。

ホンダの4気筒、2.2Lエンジンなのは言うまでもありませんね。

・・・

当社では以前からH22Aのエンジンチューンをやっていますが、

今回は新しいネタを仕込んでいます。

・・・・

鍛造のハイコンプピストンはいつものことですが、

これに加えてライナーを仕込んでいます。

・・・・

よりハイパワー、より高回転に対応すべく、シリンダーの剛性と強度を上げたこの仕様は、

H22AのNA仕様としては最強の部類に入るでしょう。

・・・・

もちろん、シリンダーヘッドにも手を加え、

ハイカムとの組み合わせで高出力を狙います。

・・・・

ここまで来ると、ノーマルのH22Aとはずいぶんと基本性能が違ってきます。

H22Aを超えた、そう、「超H22A」なのです。(おおげさ・・・・)

・・・・

もちろん、「超」のところは「スーパー」と読みますが。

・・・

・・・

H22Aネタはまだ続きます。

ではまた。

0Shares
コメント(5)

関連記事

5 Responses to “超H22A”

  1. サーキットサプライ より:

    いやー、いつもいつもさすがでございます。
    これこそ弊社が目指しているものですよ。

    弊社の理想の先に必ずJUNがいる。

    何年かかるかわかんないけど、こういうことをやりますよ。

    9000で450HP。

    JUNのテクノロジーが無ければ完成しません。

  2. 担当A より:

    サーキットサプライさん、コメントありがとうございます。

    いやいや、あんまり褒めないでください(笑)

    みなさんの協力があるから実現出来たこともたくさんあるんです。

    450HPですが。実現出来たら最高ですね。がんばりましょう!!

  3. GC8 より:

    これは・・・
    プレリュードにまたのりたくなるようなネタですね
    ベース車両が安いからGRBとかを買ったつもりでコンプエンジン積んでもらうというのも悪くないですね

  4. 担当A より:

    GC8さん、コメントありがとうございます。

    そうなんですよ。
    プレリュードはベースが安くなっていますから、エンジンにお金をかけて仕上げるのもいいかもしれませんよね。

    H22Aは排気量もあるのでパワーも結構出ますし。

Leave a Reply