Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

6月 11

GDB 2.5L化

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

前回に引き続き、お題はGDBです。

・・・・

ですが、今日ご紹介するのは前回のような無茶なものではなく、もっと現実的です。

・・・・

・・・・

インプレッサの大幅パワーアップで欠かせないのは排気量アップですが、

2.2L2.5Lという2つのパターンがあります。

・・・・

2.2LはEJ20のシリンダーブロックのままでいけるのですが

2.5L化するためにはEJ25のシリンダーブロックを使用する必要があります。

新品のシリンダーブロックを必要とする分だけ費用はかかります。

かかりますが・・・・・それだけのメリットが満載なのが2.5L化なのです。

・・・・

HKSのGT2835を使用してもノーマルタービン並みにブーストが素早く立ち上がって、

3500rpmでのトルクは45kg-mを超えます。

この時点でノーマルの最大トルクをぶっちぎりです

・・・・

ブースト1.5k時の出力は実に

434PS 63.2kg-m

・・・・

完全に「エンジン勝ち」の状態で、高回転ではブーストがタレてしまいますが、

低、中回転域のトルク感はハンパではありません。

・・・・

出力だけを求めるならばさらに大きなタービンを使用することも十分可能なのですが、

残念ながら車検に対応するポン付けタービンキットはこの辺のサイズが限界です。

・・・

前回紹介したTD06SH-25Gのウェストゲート仕様で、

触媒無し、ブーストが掛かった時には「ウゲェ~~」なんて音を出す仕様でしたら

500PSも可能ですが。

それではね。マズイですよね。

・・・・

・・・・

今回のGDBのエンジン仕様はざっくりとこんな感じです。

・2.5LショートブロックEX

・GT2835タービンキット

・F-CON VPro

・大容量インジェクター、フューエルポンプ

・前置きインタークーラー

・メタルキャタライザー

特別なものは何も使ってません。

・・・・

・・・・

おっと、大事なことがありました。

忘れてはならないのが構造変更。

排気量が上がるので自動車税が高くなるのが難点ですが。

2Shares
コメント(1)

関連記事

One Response to “GDB 2.5L化”

  1. Danice より:

    There is a critical shortage of inofmrative articles like this.

Leave a Reply