Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 25

ゆるゆるですよ。

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

はっきり言って「寒い」です。

困るんです。急に寒くなられては。

・・・・・

もうすぐ10月も終わりですね。

ついこの間まで夏だと思っていたのに。年をとったせいか月日の流れるのが非常に速く感じます。

・・・・

「このクルマ、ついこの間車検とったばかりなのに・・・・」

2年前がついこの間・・・・・重傷です。

・・・・・

先日、ニッサンのR200デフのオーバーホールという作業がありました。

この場合の「先日」も何週間前のことやら。

・・・・

R200デフといえばスカイラインやシルビアのリアデフです。

一言にR200といっても、たくさんの種類があります。

同じR200だからといって気軽に流用したり出来ませんのでご注意を。

・・・・

さて、BCNR33の標準車(Vスペックじゃないヤツ)のR200は純正で機械式LSDが装着されています。

純正のLSDだけあって元々イニシャルトルクが低めなのですが、

今回オーバーホールしたR33のデフは「するする」というか「ゆるゆる」というか。

・・・・

イニシャルトルクは「2kg以下」

・・・

これではLSDと呼んでいい物かどうか。

・・・

と、いうことでオーバーホールするわけです。

・・・・

IMGA0975

・・・・

これがLSDの「ディスク、プレート」です。

これが摩耗して薄くなってくるとLSDの効きが弱くなってしまいます。

・・・

で、コイツを新品に交換するわけですが、ちょっと一工夫。

今となっては懐かしい「小技」ですが、プレートを並び替えてLSDの効きを強くしてみます。

・・・

写真のプレートには出っ張りが「外側」と「内側」の物があって、それぞれのプレートの摩擦力がLSDの効きになるわけです。

純正の状態ではプレートの並び順が

「外、外、内、内」

みたいな感じになっているので

「外、外」

のところはそのプレート間は摩擦力が発生しません。

それを

「外、内、外、内・・・」

みたいな感じに並べ替えると全てのプレートの間で摩擦が発生するのでLSDの効きが強くなります。

イニシャルトルクが7kgぐらいまで上がりました。復活!

・・・

ただ、R200の純正LSDは社外品に比べてプレート枚数も面積も非常に少ないので絶対的な効きは弱いです。

サーキットなど、本格的にLSDを必要とするステージでは社外品をお勧めしたいところです。

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply