Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

4月 23

最近のメーター事情

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日はメーターのお話しを少し。

・・・・

以前、インテリアについてお話しした時に、「つづく」と書いたのにまるで続いてませんでした。

・・・・

遅くなりましたが、つづけさせて頂きます。

・・・・

・・・・

それでは予告したとおり、「メーター」について。

・・・・

メーターというパーツはチューニングパーツの中でも歴史が古く、

様々な種類のメーターが生まれては消えてゆきました。

・・・・・

チューニングカーにおいて、メーターという物は非常に重要、かつ微妙なポジションにあります。

メーターは本来、車両、特にエンジンの情報をリアルタイムで把握するために、

非常に重要な物です。

こんな事は今さら説明されなくても分かり切ったことでしたね。失礼しました。

・・・・

ここで、メーターについてのもう一つ大事な役割は・・・・アクセサリー

気に入った車をカスタマイズしたくなるのは当然の欲求。

エアロや、タイヤ、ホイールも本来の性能以外にもファッションの要素が重要なのでは?

もちろん室内もセンスの発揮しどころ。

いや、むしろ室内の方が大事!という人も多いのではないでしょうか?

・・・・・

外見は「車を走らせている自分」からはほとんど見えません。

・・・・・

目の前のステンレスのタンクローリーに映ったときぐらいでしょうか?自分の車を拝めるのは。

・・

しかし、室内は違います。運転するのは室内です!(当たり前。何を力説しているのでしょう・・・)

さて、ここで自分好みのインテリアに仕上げるには、

・・

部屋じゃないので「カーテン」「壁紙」というわけにもいかないし、

・・

チューニングカーにUFOキャッチャーでとってきたぬいぐるみを並べるのもどうかと。

・・・・

imga05481

そこで「メーター」が登場するわけですね。

数多く並ぶカラフルなイルミネーション、

最高のアクセサリーです。たとえほとんど見ていなかったとしても。

・・・・・

・・・・

メーターの取り付け方法も様々でした。

最近と違って、過去にはメーターを「隠しておく」のがはやった時期もありましたね。グローブボックスの中とか。

あと、「埋め込む」のも結構やりました。

ダッシュボードにどーんとφ60の穴を開けちゃうのです。

エアコンの吹き出し口に埋め込んじゃうのも多かったですね。

・・・・

最近は、他にももっとコンパクトなインフォメーションツールとしてのメーターも増えてきました。

一つで様々な情報を表示できるのは非常に便利です。

・・・・

というわけで、次回は「オールインワン」メーターについて。

つづく。(と、思います。たぶん)

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply