Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 18

究極のCA18

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

みなさんこんにちは。お客様のお車拝見のコーナーです。

今日はドラッグ専用シルビアです。

ではさっそく!

・・・・・・

どうですか?

まさに「マシン」と呼ぶにふさわしいたたずまいですよね。

このマシンはJUNのお客様の車なのですが、10年以上の長きにわたっておつきあいしている常連様なのです。

数限りない仕様変更を繰り返し、常に進化を続けて来た究極の形態がこのシルビアなのです。

・・・・・

このマシンのスゴさは簡単には説明できません。ありとあらゆるところに手が入っていますから。

ただ、ドラッグシルビア達との最大の違いは、

・・・・・・

CA18DET

なのです!

特別仕様のクランク、ピストン、コンロッドの組み合わせて1900ccにアップされたエンジンは

HKSのGTタービンとの組み合わせで実に

600PSオーバー!(仮)

さらにNOSを使用して

700PSオーバー!!(仮)

なのです。

なぜ(仮)なのかといいますと、有り余るパワーはすでに正確な測定ができないのです。

CA18としては驚異的な馬力です。1900ccしかないんですよ、このエンジン。

・・・・・

1トンを切る軽~い車体をこんな大パワーが思いっきり加速させるわけです。

その速さは想像を絶する・・・・・・。

・・・・・

先日のアムクレイドゼロヨンの全国大会では

フリー走行で

9.075秒

という驚異的なタイムをたたき出し、

9.3秒で優勝!!

・・・・・

ドグミッション、ラジアルタイヤのシルビアとしてはまさに

最速のシルビア

なのです。

SR20のシルビアを超えるこの速さは、もちろんエンジンパワーのみでは出せません。

車体、サスペンションのセッティング、そして何よりドライバーのウデ

・・・・・

そのドライバーさんの仕事場がこちら。

・・・・

まさに「コクピット」。シルビアの面影なんてどこにもありません。

こだわり抜いた作り込みが各所に見られるこのインパネ周りは、オーナー様のオリジナルです。

・・・・・・

全てはドラッグ最速のための、まさに究極のシルビア、究極のCA18DETなのです。

1Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply