Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 12

HONDAもやってます。その2

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

みなさん、3連休いかがお過ごしですか?

今日は再びホンダです。

・・・・・・

「ショートヘッド」

新製品紹介にものってます。

B16B、B18C、K20A用を用意してます。

・・・・・

そもそも、「ショートヘッド」って何?

という感じでしょうか?あまりなじみのない商品設定だと思います。

簡単に説明しますと・・・・・

組立済みのシリンダーヘッドヘッド単体です。

新品のシリンダーヘッドに必要な加工を施して組立してあります。

あとはシリンダーブロックに載せるだけ!の、便利な商品です。

・・・・・


・・・・・・

「ヘッドなんて自分で組むから加工だけしてくれ」

とか

「ヘッドは生きてるから新品はいらねーよ」

とか言われそうですが、説明だけでもさせて下さい。

・・・・・

商品内容は、説明すると長くなるのでこちらを見て下さい。

そもそもホンダエンジンのシリンダーヘッドは非常に良くできてまして、

特にタイプRシリーズのエンジンは手の入れようがないくらいです。

が、それはあくまでノーマルエンジンでのお話し。

馬力上げるには色々がんばらなくてはなりません。

もともと加工も部品も精度が高いエンジンですから、少々手を入れても効果は出づらいし、

下手すると逆効果なんて事も。

エンジンは普通に組めばそれなりの性能を発揮するものですが、

ノウハウとセンスをふんだんに盛り込んで組まれたエンジンは、

目立った馬力の差はなくても、フィーリングや耐久性に違いがでます。

・・・・・・

そんなホンダ車のエンジン、ヘッドオーバーホールのときにこの「ショートヘッド」・・・・どうですか?

もちろん、いままで使っていたヘッドを加工で補修してもいいのですが、

加工修正にも結構費用がかかりますし、場合によっては新品ヘッド買った方が安いことも。

「EXタイプ」と同じ事を中古ヘッドでやった場合、部品代、加工代など合計すると、

「EXタイプ」の価格と同じぐらいになってしまうのです。つまり、

同じ料金でヘッドが新品になる

のです。これはお得!

興味のある方、ぜひお問い合わせ下さい。

・・・・

とまあ、だいぶ営業っぽい話になってしまいましたが、

ホンダ車オーナーのみなさん、今後ともよろしくお願いします。

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply