Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

2月 8

FT86セッティング等々・・・大雪だ!!(+o+)

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: チューニング,一般情報,雑談

本日は大雪ですね^^;。吹雪と言ってもいいかもw。近年無かった様な降り方で、車が埋まってしまいそうです^^;;。

頑張って雪掻きしてみましたが、まったく役に立ちませんw。雪掻きするそばから積もっていきます。30分で元の木阿弥ww。

キリないです^^;;。

来週末は大阪オートメッセです。中央道が雪なければいいが^^;大動脈なので、すぐに雪掻きしてくれるでしょう^^。

そしてお題の、FT86セッティング。 昨日みっちり冷え込んだ中、FT86のセッティングを仕上げていました^^。

 

黒の86もカッコいいですね^^。EcuTeKを使ってセッティングしてますので、RaceRomのオプションで、ランチコントロールや、フラットフットシフト、オートブリッピングも使えるようにセットしました^^。なかなか楽しいです。マップを4種類切り替えて使えますので、マップ1を標準で燃料や点火のセッティング、バルタイのセッティングをしたマップにします。同じセッティングのまま、マップ2ではランチコントロールとフラットフットシフトを追加して、マップ3でさらにオートブリッピングを追加しています。これを自由に切り替えて使えます。

ランチコントロールと言うのは、スタート時に使うもので、1速に入れて、クラッチ切った状態でアクセル全開にすると4000rpmでレブリミッターが作動します。アクセル全開のままクラッチミートすると、動き出して車速5km/hで解除になって、通常のレブリミットまで廻ります。アクセル踏んだままスタート切れます^^。回転数は路面状況に応じて自分で設定できます^^。

フラットフットシフトは、40km/h以上(設定変更可)で、アクセル全開のままクラッチ切ると、そのクラッチ切った回転から+100rpm(設定変更可)でレブリミッターが入って、アクセル戻さないでシフトアップできる機能です。通常レブリミッターが7400rpmとして、たとえば2速7000rpmでアクセル戻さずにクラッチ切ると、7200rpmでレブリミッターが作動して、全開のまま3速にシフトアップできます^^。素早くクイックシフトしてもギヤがスッと入ります。あまり長く作動させてはタイムロスに成っちゃいますが、うまく使うと、タイムアップできそうです^^。

*上記いずれのレブリミッターも点火タイミングを―20°などと遅らせるので、エンジンを痛めることは無いと思いますが、排気温度が上がるので使いすぎると触媒を痛めます。常用はお勧めしません。

オートブリッピングは、40km/h以上(設定変更可)で、ブレーキ踏んでからクラッチ切ると、ブォンとアクセルを自動で吹かします。日産のシンクロレブのような機能です。面白いですが、シンクロレブのように、回転をギヤ比に合わせてくれるわけではないのでちょっと使いにくいかもですね^^;;おまけみたいな感じですww。

NAですので、ECUセッティングのみで、ドカンとパワーアップするわけではないのですが、EcuTeKの場合は、このようなおまけのオプションも使えます^^。

34Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply