Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

6月 19

分解中 その2

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

さて、先日から分解されていたVR38ですが、気付いたらとっくにバラバラになっていました。


果たして、エンジン内部の状態は?!



まあ、600psオーバーとはいえ、そんなに長期間使用したわけでもないですから、

なにやら大変なことになっていては困るのですが。


とりあえず、コンロッドの曲がりやシリンダー、ピストンに目立ったダメージはありませんでした。


燃焼室の状態はこんな感じです。

なんというか、普通のクルマ、って感じですね。


クランクメタルは、両端の負担が大きいようです。

写真は1番のクランクメタルですが、当たりがきつめですね。


今後は4リッターキット装着のための加工に入ります。


エンジンができあがる前に、タービン周りのあれこれを検討しないと。


その辺はまたいずれ。



0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “分解中 その2”

  1. サスケ より:

    素人考えですが。

    これだけボアが大きいと、シリンダ壁に近いとこからノッキングしそうですよね。
    その分スキッシュが削られた形なんですかね。

    比べる相手が相手ですが、
    CAと見比べると面白いですね。
    CAのスキッシュなんか真っ平ですし。

    • 担当A より:

      コメントありがとうございます。

      ボアが大きい分だけノッキングはしやすいですね。

      でも、技術の進歩はすばらしいもので、これだけのボアで、
      圧縮比が9.0もあって、ブーストも結構かけているのにノッキングしません。

      最近のターボエンジンは、どっちを見ても同じ様な燃焼室形状ですね。
      CAの頃は試行錯誤してます感がありありでしたが(笑

Leave a Reply


× 7 = 十四