Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

8月 20

R35のエンジンルーム

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

クルマの構造も、時と共に変わるもので。

・・・・

ニッサン車ではZ33あたりから、フロント周りのフレームがずいぶん様変わりしていますね。

・・・

もちろん、R35も。

・・・・

具体的には、「金属じゃない」ことと、「分割式」だって事でしょうか。

・・・

エンジン下のサブフレームは今まで通り「鉄」ですが、

ラジエータ周りの構造部位は非金属なのです。しかもとれちゃう。

「カーボンコンポジット製ラジエータコアサポート(長っ)だそうです。

・・・・

全て取り外すと、なんか、すごい貧弱な感じになります。

ジュンマシンショップのブログで触れているのでこちらを覗いてみてください。

・・・・・

・・・・

さて、新しいカムを組み込んだエンジンができあがったので、早速積み込むようですが・・・。

・・・・

・・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・・ん?

・・・・

エンジンルームが黄色だぞ!

・・・・

・・・・

これはもしかして・・・。

・・・・

・・・

つづく。

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “R35のエンジンルーム”

  1. GC8 より:

    え、こんな大部分が非金属なんですか??
    剛性とかに影響しそうで意外とぎりぎり大丈夫そうな
    クラッシャブルゾーンの確保でしょうか?
    頭の入りがよさそうですねぇ
    それよりなによりレモンの香りが・・・笑

    • 担当A より:

      GC8さん、コメントありがとうございます。

      そうなんですよ。カーボンなんですよ。
      剛性は高いようですよ。しかも軽い。

      お値段は高めでしょうが。

      そして何より、レモンの香りです(笑)

      お楽しみに。

Leave a Reply