Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

6月 24

VR38の取材

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日はオプションさんに取材に来て頂きました。

・・・

お題はVR38の部品、特に4.0リッターキット組込済みショートブロックについてです。

・・・

シリンダーライナー組込過程や、4.0Lキットの個別部品の撮影をしてもらいました。

4.0Lショートブロックとはどんなモノかはこちらを見て頂くとして、

ショートブロックの他にはショートヘッドも用意しています。

要するに、組み付け調整済みのシリンダーヘッド、ブロックなのですが、何で組み付け済みなのか。

答えは簡単。楽だから、です。

自分でバラして、加工だけ依頼して、組み付けは自分で。

技術と経験が豊富なショップならばこれも当然。

でも、いまいち自信がないお店でも、大事な部分が組み付け済みのモノがあれば、

信頼性の高いエンジンを製作することが可能になります。

そのために用意したパッケージなのですが、現在はほぼ海外の需要に限られているようです。

国内ではまだハードチューンのR35はあまりいないようで。

・・・

・・・

シリンダーヘッド、ブロックをパッケージングすると、当然ながら次の要求として出てくるのは

コンプリートエンジン

なのですが、これがまた難しい。

コンプリートエンジンと言うことはベースになるエンジンAssyを用意しなくてはならないのですが、

中古のエンジンは市場に出回ることもなく、

新品エンジンは購入が困難、

バラで部品を購入するとしても全て集めることができるかどうか不確定。

R35とはいえ、純正の部品を購入すること自体は可能なのですが。

問題は山積みです。

・・・

・・・

でも、需要がある以上は何とかしなくてはなりませんねぇ。どうしましょうか。

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply