Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 2

EVOXチューニングプラン その2

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日は「EVOX、ブーストアップの向こう」です。

・・・・

前回は全くのノーマルからブーストアップまで行きました。

今日は、さらに上のステップへ行ってみましょう。

・・・・

前回の「軽く吸排気+ECUでブーストアップ」をすませた360PSのEVOX、

ノーマルに対して60PSもアップしていますから、ずいぶんと速くなっています。

が!

人間、「慣れ」というのは怖い物で、やった直後はあんなに早く感じたのに、

怖くて踏めないと思ったのに、

もう、ハエがとまりそうなぐらい遅く感じるのは何故なのでしょう?

・・・・

そんなあなたの為に次のステップをお勧めするとすれば、

排気系については

・エキマニ、キャタライザー、アウトレット

EXHAUST MANIFOLD - CZ4A

・・・・

あとはタービンのアクチュエータを強化品にしてブーストの立ち上がりを良くして、少しでも高回転でブーストを維持できるようにします。

・・・

吸気側にはたくさんのパイプがありますが、これらをアルミ製にすることは効率アップの他に

パイピング抜け防止(ハイブースト対策)

みため(人前でボンネット開けるとき対策)

という重要な意味があります。

IMGA0120

・・・

・・・

あとはエンジン本体ですが、

使用するタービンがノーマル、またはノーマル+αぐらいまでであれば基本的にはそのままで、

バルブスプリング交換無しで使用できる、俗に言う「ポン付けカム」を装着するぐらいでしょうか。

JUNで用意しているのは「作用角256° リフト量 10mm」です。

・・・・

あとはタービンですが、今のところ

・ノーマル

・ノーマル加工

・フルタービンキット

ぐらいで、調子のいいポン付けタービンが欲しいところ。

ノーマルタービンではがんばって400ps、でもブーストかけすぎるとタービン壊れるし。

もうちょっと余裕を持って400ps出せるタービンが欲しいところですね。

・・・・

・・・・

ここまでやって、

390~400PS

ここまで来ればノーマルとの差は歴然です。

・・・・

・・・でも

これではまだまだ足りない。

そんなあなたのためには、ちゃんと次のステップが用意されています。

・・・

それはまた次の機会に。

・・・

担当でした。

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply