Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 11

4B11を考える

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日は、4B11のことをあれこれ考えてみます。

ランサーEVO10に搭載されているエンジン「4B11」

・・・・・・

新開発の直4エンジンです。

アルミシリンダーブロック、86×86のボアストローク、可変バルタイ、シリンダーロアデッキ・・・・・

う~ん、なんかどこかで見たことある気がします。

さてこのエンジン、アルミシリンダーブロック採用したおかげでみなさんによけいな心配かけてます。

「チューニング耐久性が下がった」

とかいわれてますけど。

・・・・・

確かにアルミブロックの4気筒エンジンで500~600馬力の高出力で平気な顔してられる物はありません。

SR20然り、EJ20然り。当然ホンダのエンジンたちも。

みんなじゃんじゃん壊れてます。

従って、4B11が500馬力で壊れても文句いわれる筋合いはないのです。

でも、心配です!

特にクランク周りのあれやこれやが。

・・・・

・・・・・

この写真はオイルパンを外したところです。

シリンダーブロック下側の剛性は一見高そうですが・・・・・・。

・・・・・

もちろん、300馬力のエンジンとしては良くできています。

いや、350馬力でももちろん大丈夫でしょう。

そもそもノーマルの倍もの出力を出して「耐久性」とか言ってはいけないですって!

・・・・・・

しかし!このエンジンのチューニングに対する耐久性が低いからといって(まだ低いと決まったわけではないですが)

引き下がるわけにはいかないのです。われわれは。

・・・・・

そこで

・・・・・・

馬力出してみました。

写真では見えませんが、ウネウネしたエキマニの下にはデカイタービンがいるのです。

実にノーマルの倍以上の出力を発揮させるタービンが。

・・・・・

このようにして、新参者は力試しをされるのです。

・・・・・・

がんばれ、4B11!

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply