Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

9月 24

EVO Xパーツ紹介、再び。

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング

今日は、先日に引き続きエボ10のパーツ紹介です。

ハイ、こちらです。

・・・・・

画像中央付近の金色っぽい、アレ。

「オイルクーラーバイパスバルブ」

ミツビシさんの正式名称はこうです。

みんな結構好き勝手な呼び方してますけどね。

・・・・・・

そして、当社の製品名は、

・・・・・・

「強化オイルサーモ」

です。

そもそもこの「オイルクーラーバイパスバルブ」は何のためにあるのか?

なぜ「強化」が必要なのか?

この「オイルクーラーバイパスバルブ」、その名のとおり、オイルクーラーバイパスするためのバルブです。

・・・・・

「低油温時にはバイパス通路を解放し、エンジンオイルはオイルクーラーを通らず油温は上昇する。

高油温時にはバイパス通路を閉じることにより、エンジンオイルはオイルクーラーに流れ油温の上昇を防ぐ。」

・・・・・

油温は低けりゃいいってもんではないですから、このバルブは結構重要な役割をつとめてるヤツなんです。

が、これがけっこうヘタレでして。もちろん量産車としての機能は十分なのですが、サーキット走行するにはちょっと問題ありです。油温がグイグイ上がってしまいます。オイルクーラー増やしてもダメです。

このヘタレ、油温が結構高くならないと動作しない上、油圧に負けてバルブが開いてしまいます。

バルブが開くとオイルクーラーはバイパスされてしまいますから、油温上がり放題です。

と、いうわけで強化が必要になるわけです。

おわかりいただけたでしょうか?

・・・・・・

ちなみに、このオイルクーラーバイパスバルブの近くにはエンジン番号が打刻してあります。

写真でもわかると思うのですが、エンジンから「にょっ!」と生えてる感じなのです。

こんなとこ、出っ張ってていいのでしょうか?

ちょっと心配です・・・・・・。

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “EVO Xパーツ紹介、再び。”

  1. Darth-Vader より:

    確かに~にょにょにょき!!と生えておるばい。さすが三菱、恐るべし三菱。
    今後、作業に関してマニアックな技などありましたら楽しく、面白くUPしてちょ。

  2. 担当A より:

    担当Aです。
    書き込みありがとうございます!
    これからもいろいろとわかりやすく、楽しくお伝えしていきたいと思います。どうぞおつきあい下さい。

    それにしても・・・・、心配です、三菱さん。

Leave a Reply