Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 27

2013アムクレイドドラッグ全国大会

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: イベント,チューニング,デモカー,一般情報

お久しぶりです。畑仲です。

サボりすぎですね^^;;。いろいろ段取り悪く、仕事が詰まってしまいブログどころではなかったと言うのが、本当のところです^^;。

10/12, 13と、アムクレイドドラッグ全国大会に行ってきました。車両はS13シルビアでオーナー様は北海道在住で北海道で予選出ていましたので、北海道のショップ様からエントリーとなっています。私はエンジンオーバーホールした車を仙台まで運んで、そこでシェイクダウンして納車と言う段取りでした。

前日から何本か走ってセッティングの確認や、微調整などするために仙台に土曜日入りしたのですが、朝から雨です^^;;

仙台市内は晴れていたのですが、山に登ってきたら雨です^^;。よくある話なのですが^^;。これでは走れないので、しばらく様子を見て晴れるのを待っていたのですが、お昼すぎても雨なので、あきらめてホテルに引き上げました。^^;

 

翌日、朝起きて東の空を見ると晴れていました。よっし!と、チェックアウトしてホテルを出ると・・・・雨降っていました^^;。

13日朝のコースに虹が・・・・。

9時位になって、ようやく雨も上がり、参加者でコースを乾かすために走り回ったりして、何とか11時くらいには大会始めることが出来ました。

予選を2本走って、ベストが9秒35だったかな?うろ覚えw。予選は1番でした。時間が押しているので、バタバタとトーナメントに入って、一本目は順当に勝ち上がりました。

タイヤのしわ具合が良いですねwww。いいショットですw。

トーナメント1回目は順当に勝ち上がり、2回目に入って、バーンナウとからドライホップして戻ってきたところで、オイル漏れでリタイヤになってしまいました^^;。

点検するとカムカバーのボルトが飛んで、オイルまみれに^^;。9500rpmも廻っていたので、振動で緩んでしまったようです。下にもぐって見て見ると、ミッションのボルトも緩んで来ていました。9500rpmなんて回すと色々な事が起きます。念のために会社に持ち帰り点検と言う事になりました。

会社に帰り点検してみると、エンジン搭載時に締め付け確認してペイントマークしてあったところが、軒並みズレていました。すごいですね。9500rpm回して壊れないのもすごいですが。いろいろ不安なので、ミッション降ろしてフライホィールの増し締めや、オイルパン外してメインキャップボルト、コンロッドボルトの締め付け確認もしました。

リミッターが当たらない様に9000rpmレブで、リミッターを9500rpmに設定してあったのをレブリミット9500rpmと勘違いしていたようです。

一通り点検終わらせて、大事なかったので良かったです。オーバーレブの怖さを改めて考えました。

29Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply


+ 9 = 十三