Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 5

Club RH9 ゼロヨンフェスタin仙台

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: イベント,チューニング,デモカー,一般情報,雑談

こんにちは、畑仲です。9/30にRH9主催のゼロヨンイベントに行ってきました。

ゼロヨンをもう一度盛り上げようと言う趣旨で、OPTION誌やOPTIONビデオも協力してもらってのイベントでした。

RH9の加盟店は元々ゼロヨン得意なショップ様ばかりで、R35や、RBのGTRシリーズが9秒や10秒台をポンポン出している中、当社で持って行ったのは、デモカーBRZ。 トラストのT518Zターボキットを取り付けただけの、262ps仕様です。

他には、タイヤホィールにYOKOHAMA ADVAN  RACING RS2セミグロスブラック(18×9.0J+52)&NEOVA-R(255-35R18)

*このサイズだと、はみ出しタイヤになってしまいますね^^;。Fはスペーサー入れないと内側が干渉します^^;。

ストリートで使うには、18×8.0J+48で、235か245位が無難かもしれません。ディスク面のデザインは、9.0JですとGTRデザインのディスクが深い感じになってかっこいいですが、8.0Jだとスタンダードデザインになるようです。GTRデザインを履きたい場合は、はみ出さないようにフェンダーを加工しなければなりませんね^^;。

エンドレスのFUNXTION-X Pulsサスペンションキット、BRIDE バケット―シートZETA3を2脚。制御はEcuTekを導入しました。EcuTekを発注したのが前の週だったので、突貫作業で前日にセッティング出して、そのままトラックに積んで、仙台まで行きましたww。仙台ハイランドのゲート前で車中泊ですwww。そして現場でEcuTekの拡張機能のランチコントロールやフラットシフトの設定していました。

9秒、10秒というモンスターの中では目立ちませんが、丁度同じような仕様のツーシステム様FT86 S/C のATとT-get様FT86 S/C 6MT仕様と丁度良い感じで、比較してもらいました。

ドライバーはプロドライバーの山田さん^^。

ターボとスーパーチャージャー対決みたいな感じですか?w。結果は両方とも14’5秒位で、スピードも150km/h弱?ほとんどイーブンでしたw。

 

当日、私も走ってみましたが、ゼロヨンスタート初体験で、テンパりました^^;;;。

ステージング終わって、ランプが点くと条件反射的にピクッと動いてしまいフライングでした^^;;;しかも3回も。あははは。

向いてないですねww。

このデモカーは、オートサロンに向けて黄色く塗って、今製作中のオリジナルエアロを取り付ける予定です。ターボキット付けただけですが、ストリートでは面白いです。サーキット走るとなると、これにラジエター、オイルクーラーは必須になりますね。あと、メーター類です。

うちのはラジエターノーマル、ブースト計もブーストコントコントローラーも付いてないですが。うぁははは。

室内殺風景だなぁ。オートサロンまでには付けよう(-。-)y-゜゜゜。

24Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply