Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

8月 3

絶滅危惧種

投稿者名: Hatanaka | カテゴリ: 一般情報,希少種,整備

みなさんこんにちは。畑仲です。

今日は希少なエンジン組みあがったのでご紹介です。

CA18DET。・・・・・

言うほど珍しくない?? いやいや、何をおっしゃる。

昔、昔、ブルーバードという由緒正しき車が有りました。古くは1970年代からラリーで活躍していたのですが、U12という型式になってツインカムインタークーラー付4WDターボという、トッピング全部載せラーメンのような車が有りました。それのエンジンです。

ギャレットのT3ターボにSUSEXマニホールドそして、ピストンはコスワースの鍛造ピストンと言う贅沢な作りです。

これが純正ピストンですよ。

エンジン単体を本社が日産ディーラー様からお預かりして、メカニックでO/Hというお仕事でした。エンジンから白煙ひどくなってという症状での入庫です。

エンジン開けてみると、ピストンリングがポキポキ折れてしまっていました。

こんな感じです。

通常ですとオーバーサイズピストンでボーリング&ホーニングという流れなのですが、純正ピストンが1個¥8万とかします^^;4個で¥24万??たけーw。さらにすで廃盤で手に入りません。

そこでJUNスーパーピストン(コスワース製)の出番です。

ピストンリングの調達に時間かかってしまいましたが、0.5o/sピストンでさらに安くて純正以上のピストンを組み込みました。

このエンジンて、全国に何基あるんだろう?

間違いなくレッドブック入りと思いますよ。オーナー様とは面識もないのですが、大事にしてくださいね^^。

今もブルーバードってあるのかな?僕が知ってるブルーバードはすっかり高齢者御用達の車になってしまっていました。

日本のメーカーって、ユーザーに合わせて車作っちゃうから、40年前に世界中で活躍したスポーツカーも、今は60代以上向けの車になっちゃってる。BMWとかベンツとか、若いうちは3シリーズとか乗っていて、リッチになったら5とか7シリーズにランクアップしていく感じがしますがねぇ。

日産のブルーバードやトヨタのセリカ、スープラなんて間違いなくスポーツカーブランドだったのに消えてしまいましたからね。ブランドをもっと大事にすればいいのにと良く思います。

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “絶滅危惧種”

  1. GRBB より:

    はじめまして畑中様。

    何かとお世話になってる近所の自動車整備工場にブルーバードSSS(Rではないようす)が鎮座しております。一目見た時、年代モノにもかかわらず、大切にされているであろうその綺麗な車体に思わずゾクッとしてしまいました。残念なことに部品が無くて未だ修理未定のSSS。その佇まいは寂しさすら伺わせます。

    追伸
    一度御社にフロントアンダーディフューザーの見積りを出していただいたのですが、担当者が変わったため一度連絡を。と思っていたのですが、多忙きわまりない状況故に連絡が疎かになっておりました。この場をお借りして一言お詫び申し上げます。一度メールにてご連絡いたしますのでその時は宜しくお願い申しあげます。

    • Hatanaka より:

      GRBB様コメントありがとうございます。
      U12自体は結構な数出ていたと思いますが、すでに25年とか過ぎていますので、きれいな個体は貴重ですね。
      アンダーパネルのお見積もりは出来ますので、改めてご連絡いただければ対応できますので、よろしくお願いします。

Leave a Reply