Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

10月 30

206~274

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 一般情報

いきなり意味不明な数字ですが。単位は「N-m」です。

 

スカイライン系(R32~34あたり)のリアサスペンションです。

画像中央のドライブシャフトを締め付けるためのナット、ここの締め付けトルクが本日のタイトルです。

 

でかいですね。隣はハブナットです。

ナットサイズは36mmです。

 

206~274N-m。

21~28kg-mですね。オールドタイプなのでこっちの方がしっくり来ます。

 

28kg-m。相当固いです。緩めるときはかなりの気合いが必要です。

この様に固~くしまっているボルト、ナットを緩める場合は瞬発力が重要です。

じわっと力をかけてもなかなか緩みませんからね。

何と言いますか、こう、「無」の状態から、一気に気を爆発させる感じですかね。

それでも緩まない場合はみんなから少しずつ元気を分けてもらうという方法もあります。

 

長年緩めていないナットの場合、固着もあるのでものすごい固く締まっています。

このナットを緩めるために、過去には数多くの工具が犠牲になりました。

 

これだけ強く締まっているのは、それだけ重要な部分だからです。

このあたりの整備は、くれぐれもプロにご依頼を。

 

このナットを緩めるために「気」を使い果たしてしまった担当Aがお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

0Shares
コメント(2)

関連記事

2 Responses to “206~274”

  1. サーキットコンセプト より:

    これはこれは工場長

    何度それでお世話になったか。

    あ、まだ罰ゲーム進行中です。

    • 担当A より:

      これはこれは。
      罰ゲームは終了しましたか?

      固い物を緩めるときには、工具も身体も痛めます。

      年齢的に要注意ですよ(笑

Leave a Reply