Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

12月 17

ZEALファンクションXs

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 一般情報

車高調ネタです。

JUNでは車高調整式サスペンションも各社取り扱っていますが、

なかでもお勧めなのが、歴代デモカーでも使用しているZEALファンクションシリーズ。


今回はインプレッサワゴンへの取付です。


ストリートメインにたまはサーキット、ということでZEALファンクションXsをチョイスしました。

当然の事ながら全長調整式で、前後共に倒立タイプです。


倒立タイプはサスペンション剛性が高いのでスバラシイのですが、

減衰力の調整がダンパー下側になってしまうのがネックですね。

フロントはハンドルを切れば何とか調整出来るのですが、リアはジャッキアップしないといけないのでちょっと面倒です。


ZEALの車高調はお値段がまずまず張るのですが、

低価格の物では味わえないしなやかさがありますね。

安車高調にありがちな、「路面からの突き上げは強いが腰砕け」みたいなことは一切ありません。

車高調は価格による性能差がはっきりと出るパーツですからね。

後悔しないためにはそれなりの価格の物を買った方がいいですよ。


車高も下がり、イイ感じですね。

あ、もちろん車検には通る車高にしてありますよ。


ちなみにこのクルマ、いつもコメントをくれるTK-GGAさんのだったりします。

結構目立つのですれ違うと一発でわかります。


今回は4点シートベルトも取り付けしました。



最近(といってもずいぶん前からですが)のクルマはシートベルトのバックルがシートレールに固定されていますね。

4点シートベルトは純正のシートベルト取り付けボルトの代わりに「アイボルト」を取り付けて装着しますが、

このシートレールについているところがすこぶる具合が悪いので、

ボディのちょうどいいところに穴を開けてアイボルトを装着します。

写真ではわかりませんが、ナット側には裏あての鉄板があります。

ナットだけで締め付けると、いざって時にアイボルトがぶっこ抜けてしまうことがあるので。

命を預けるシートベルト、しっかり取り付けなくては意味がありませんからね。


さあ、サーキットへ行ってみましょうか!




0Shares
コメント(6)

関連記事

6 Responses to “ZEALファンクションXs”

  1. TK-GGA より:

    担当Aさんこんばんわ。

    なんとか無事に帰ってきましたので。

    自分の車を、実写よりも先にネットで見るってなんとも不思議な感じですね。

    何はともあれ明日が楽しみです。

    多分、気が付いたと思いますが、バケットシートを突貫で取り付けたので、

    内側?(助手席側)に傾いていたと思います。スミマセン

    HKSプレミアムディまで、まだ色々とお世話になる事が多いと思いますが、宜しくお願いします。

    • 担当A より:

      こんにちは。といってもさっき会ったばかりですが。

      今日はご来店ありがとうございました。

      車高調の乗り心地はいかがですか?
      これから走行会当日まで、色々と準備もあるでしょうからドンドン相談してくださいね。

  2. TK-GGA より:

    担当Aさんこんばんわ。

    といっても午前中ぶりですね。

    早速ですが、ちょと流した感じ、街乗りするには硬くも無く、

    ただし、サーキット走行については、まだまだポテンシャルを隠してんるんだろうなって感じで

    期待大です。

    色々いじってみたいと思います。

    で、エントリーリストにあった、タイヤの種類とサイズについてですが、

    決まりましたので、お手数ですが、間に合えば、エントリー表に記入お願いします。

    ADVAN NEOVA AD08
    225/10-18です

    • 担当A より:

      ストリートではOK,あとはサーキットですね。
      減衰の調整も色々試してみてください。

      タイヤサイズの件、了解しました。

  3. TK-GGA より:

    たびたびスミマセン。

    タイヤのサイズ間違ってますね。

    225/40/18です(汗

    扁平率10ってありえないですよね。

    • 担当A より:

      大丈夫です!

      ちゃんと10って書いておきました(笑

      扁平率が10ってことはタイヤのサイドが2センチぐらいってことですね。乗り心地悪そう。

Leave a Reply