Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

7月 26

スペックC

投稿者名: 担当A | カテゴリ: チューニング,一般情報

インプレッサSTIの追加グレードが出ました。

・・・・

もう知っている人も多いかとは思いますが・・・・

「スペックC」が追加になりました。

軽量化やタービンの変更、ECUセッティングの見直しなどの変更がされたこのグレード、

「限定900台」だそうです。欲しい方はお早めに。価格は据え置きです。

・・・・

エンジンパワーは変わらず30kgの軽量化をどう見るかは人それぞれでしょうが、

リアLSDが機械式に変更されて、

ファイナルが変更になっているのは走るステージによってはかなりのプラスです。

・・・・

・・・・

それにしても、

GRBのマイナーチェンジでECUのデータは変更になり、

A-Lineとか、スペックCとか、後から後から・・・・

対応するのが大変なのですが。

・・・・

コンピュータのデータ書き換えが出来ないと、最近のクルマは言うことを聞いてくれないし。

・・・

ちょっと(?)前までは、ノーマルのECUがエラーになろうが知ったこっちゃねー!

燃料、点火はフルコンで全部やるから問題なし。リミッター?何の話?

みたいな感じだったのですが・・・・・。

「電スロ」

です。電子制御スロットル。DBW。

電スロを制御出来るフルコンがないと、様々なリミッターを解除出来ないのです。

いくらがんばってフルコンで制御しても、180キロになったらノーマルECUがスロットルを閉じる。

レブリミットになったらスロットルを閉じる。

ブーストを上げるとスロットルを閉じる。

とにかくスロットルを閉じる。

・・・・

これではどうにもなりません。勘弁してください。

・・・

GRBはEVOXほどではないのですが、それでもノーマルのECUがエラーになることはあります。

チェックランプ点灯だけですめばいいのですが、

エラーの種類によってはフェイルセーフがかかって、SIドライブが切り替わらなくなったりします。

・・・・

これでは使い物になりませんね。

・・・

と、いうわけで、リミッターの変更やブーストアップのためにはECUデータ解析がどうしても必要なのです。

・・・・

エラー、フェイルセーフ無しで、安心してスポーツ走行が可能なECUの為に。

・・・・・

・・・・

ちなみに、

フェイルセーフとは、

fail 失敗

safe 安全、無事

で、問題が発生したときの安全装置や、対応策のことです。

異常を検知したら、それ以上に問題がひどくならないように機能を制限したりします。

・・・・

たまに「フューエルセーフ」という人がいますが。

「燃調」あたりから関連付けされた誤解なのでしょうか?

さらに「フューエルセーブ」なんて言う人もごくまれに。

これでは「燃料節約」です。

・・・

ではまた。

コメント(0)

関連記事

Leave a Reply


× 3 = 二十 四