Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

1月 14

2009オートサロン たくさんのご来場ありがとうございます。

投稿者名: 担当A | カテゴリ: イベント

2009東京オートサロンもおかげさまで盛況でした。

ご来場頂いたみなさん、今年のオートサロンはいかがでしたか?

・・・・・・

オートサロンの様子を簡単に紹介します。

JUNブースの様子です。

お約束の黄色い車は「インプレッサ GRB」です。

ブーストアップ仕様のエンジンは1.5kg/cm時に334PS、46.4kg-mを発揮します。

・・・・

細かいところはまた後ほど紹介します。

今後もGRBの開発は続きます。乞うご期待!

・・・・・

下の写真に写っているのは「クラッチキット」です。

純正形状のクラッチにクロモリフライホイールというベーシックな設定。

ライトチューン向けのライトなクラッチキットです。

純正形状なのでもちろん「シャラシャラ」言いません。

ディスクの材質は目的に合わせて選択できます。

必要にして十分なクラッチキットです。

もちろん価格もライト

「シャラシャラ」言わせたい人には向きませんが・・・・。

・・・・・

・・・・・

そして、避けては通れないのがエンジンパーツ。

ショートヘッド、ショートブロックなど、サブアッシー的な部品設定を用意してます。

つまりは、エンジンの全てを分解せず、

組立済みのシリンダーブロックにさっくりとシリンダーヘッドを載せてできあがり、

という目論見です。

手間がかかって、しかも性能に影響の大きいメタルの選定や、

シリンダーの機械加工の待ち時間、

これらを省けるメリットは大きいと思います。

・・・・・

最後に、

JUNブースに足を運んでくださったみなさん、ありがとうございます。

せっかく来て頂いたのに、現場にいなかったのでご挨拶ができなくてすいません。

0Shares
コメント(0)

関連記事

Leave a Reply