Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

2月 12

メタルの摩耗、の続き

投稿者名: 担当A | カテゴリ: 整備

こんにちは。まだまだ寒い日が続きますがみなさんいかがお過ごしでしょうか。インフルエンザ非常警戒中の担当Aです。

前回に引き続き「メタル」ネタです。

 

前回は、油膜切れで金属同士が接触してメタルが摩耗するというところまでお話ししました。

 

さて、メタルが摩耗するとどうなるのでしょうか。

 

まず、異音が発生します。

 

コンロッドメタル摩耗の場合「カンカン」とか、「コンコン」とか、エンジン回転によって打音がするようになります。

 

異音が発生した時点で、既にメタルの摩耗がかなり進んでいますので、

クランクシャフト、コンロッドが使い物にならない可能性があります。

 

さらに、「異音上等!」とばかりに突き進むと恐ろしい結果が待っています。

もしくは、サーキット走行中など、高負荷、高回転で走行中は異音発生から一気に次のステップ、最終局面を迎える場合があります。

 

コンロッドメタル焼き付きの終着点は「足が出る」状態ですね。

ここで言う「足」とは、コンロッドのことです。

焼き付いたメタルはコンロッドに大きな負担を与え、ロッド部分が耐えきれずに折れてしまいます。

折れたコンロッドはクランクシャフトに回されながらあらぬ方向に向かい、

シリンダーブロックに大穴を開けて出てきます。

こんな感じに。

 

ひどいですね。

 

こうなると、クランク、ピストン、コンロッド、シリンダーブロック、場合によってはシリンダーヘッドも終了です。

簡単に言うとエンジン全損なわけです。

 

メタルトラブルを防ぐ第一歩はエンジンオイル管理です。

古いオイルを使わない

エンジンにあったオイルを使用する

油温を上げすぎない

 

他にも色々ありますが、少なくともこれだけはきっちりと守って下さいね。

 

間違っても、ターボエンジンに省燃費の超低粘度オイルなんか使っちゃダメですよ。

 

ではまた。

0Shares
コメント(5)

関連記事

5 Responses to “メタルの摩耗、の続き”

  1. ケンイチデビアス より:

     EHL理論の専門家であれば、油膜は絶対に切れないというでしょうね。しかし境界潤滑状態というのもうすでに油膜は切れています。電気抵抗を計った実験が調べればたくさん出てきます。しかし問題は「油膜が切れる」と言いたくなるような突然死(サドンデス)が起こるのはなぜかということです。それに明確な答えを出したのが久保田博士のCCSCモデル。なんと潤滑油由来の表面に張り付いたグラファイト膜(トライボフィルム)がナノメートルのダイヤモンドになるというものです。詳しくは「境界潤滑現象の本性」で検索してみてください。

  2. 低フリクション技術を求めて より:

    なるほど、ラマン分光とボールオンディスクが
    あれば確認できる。簡便なのでテストすることにしました。

  3. CCSCモデルファン より:

     好ましい兆候ですが先進的情報がなぜながれだしているのでしょう。

  4. 業界通 より:

     それは井上謙一氏がサドンデスしたのでは。

  5. 姫路ベアリング より:

    低フリクションを実現する自己潤滑性特殊鋼
    高面圧下で潤滑し、駆動部品の小型 -低摩擦損失化が可能
    1.開発の目的
     世界的な自動車の燃費規制が広がる中、内燃 / 非内
    燃機関の両者とも低燃費化が求められ、パワートレイ
    ンの軽量・摩擦損失の低減が求められている。それに
    は高面圧あるいは貧潤滑下でも低い摩擦係数が維持で
    きる部品が必要とされている。
    2.開発の内容
     従来の鉄鋼材料には見られない、開発特殊鋼 SLDMAGICの自己潤滑性の発現原理を解明した。その
    原理とは、
    ① 境界潤滑時の凝着のメカニズムを明らかにし、油か
    ら変質したナノレベルのダイヤモンドが起点である
    ことを解明した(図 1 反応経路①)。
    ② 開発材は、炭素がダイヤモンドになりにくい結晶構
    造物質(グラファイト層間化合物;GIC*1)にする
    ことで潤滑性能を向上させた(図 1 反応経路②)。
    ③ 摩擦反応で発生し、潤滑物質 GIC の構成物ともな
    る硫酸イオンを CuSO4 にすることで表面に固定化
    し、防食を行い(図 1 反応経路③)極圧添加剤でみ
    られる腐食摩耗を抑止。
     すなわち、境界潤滑下での摩擦損傷の起点はダイヤ
    モンドであり、ギ酸等の悪影響も説明できる理論であ
    る。つまり本材料の応用だけではなく、新たな潤滑油
    や機械の設計則の構築の基盤となりうる原理である。
    3.開発の成果
     冷間塑性加工用金型向けの工具鋼として 3600ton/
    年出荷。現在、自動車メーカーを中心とした機械メー
    カーと共同で基礎評価中。数社で好結果が出ている。
    図 2 に示すように硬くても従来材に比べ摩擦係数が上
    がりにくい特徴があり、摩擦部品のダウンサイジング
    化と摩擦損失の低減を同時に狙える。
    日立金属株式会社 冶金研究所
    〒692-8601 島根県安来市飯島町 1240 -2
    TEL. 0854-22-1919 FAX. 0854-22-6374
    kunichika.kubota.rd@hitachi-metals.com
    図 1 解明された表面反応の全体像
          (炭素結晶の競合(CCSC*2
    )モデル)
    4.特記事項
     日本トライボロジー学会、日本金属学会、日本塑性
    加工学会、日本鉄鋼協会にて発表。
     2006 年度日刊工業新聞十大新製品賞、2007 年度素
    形材経済産業大臣賞、2010 年度発明協会文部科学大
    臣奨励賞を受賞。
    (文責:久保田邦親)

Leave a Reply