Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

'一般情報' カテゴリの履歴

8/11から15日までお休みさせていただきます。

投稿者名: Hatanaka 8月 10th, 2018 | カテゴリ: お知らせ,チューニング,一般情報,希少種,整備,雑談

お世話になっております。畑仲です。2ヶ月ほどサボっていました(^_^;)。

ジュンオートメカニックは8月11日から8月15日までお休みいただきます。8月16日からは通常営業ですが、現在工場に大きな工作機械を搬入、設置の予定です。お客様には御不便かけるかも知れませんがよろしくお願いいたします。

緊急で休み前に御入庫いただいたBCNR33様、インテークパイプのガスケット抜けてエンジン不調でした。症状は配管抜けとは思っていたのですが、なかなか普通抜けないところなので探すまでにだいぶあちこち寄り道してしまいました。(^_^;)。

TWIN TURBOとオーナメントが付いている2又パイプの付け根がガスケット破けていました。

こちらはHKSの新しいGT3ターボキットを取り付けたBRZ。100台限定車です。

後発のターボキットの為か、ブーストが0.9k掛かってしまいます。アクチュエーター緩めて、最低ブースト0.7kで、EVCで0.9kになるようにしました。これで350ps。ノーマルエンジンではギリギリなのかな(^_^;)。

他にはピアッツアも御入庫いただきました。

こちらはAC修理。リキッドタンクが詰まってしまい、A/Cの低圧は負圧にw。リキッドタンク交換なのですが、純正品は手に入らないので、電装屋さんに頼んで合いそうなリキッドタンクを探してもらいました。

そして、S15に搭載するTTIの6速シーケンシャルミッションが届きました。仮合わせしながら取り付け確認しています。フロアは切るようですね。そしてレバーが2本ニョキッと生える感じ。

ミッションマウントの取り付けがケースと一体式なのですが、このままだと結構低くなります。縁石またいだり、マフラー摺るような場合には当たってしまうかも。マウントを加工するかしないとですね。

汎用ミッションなので仕方ないですね。

他にもBNR32A/C修理が飛び込みで来ましたが、A/Cアンプの故障らしくコンプレッサーのリレーが動きません。直結すればコンプレッサーは回るのですが、これではすぐに凍り付いて風が出なくなってしまいます。A/Cの見積もり依頼して、休み明けの対応になります。

 

 

 

 

 

 

コメント(0)

Z34のVQ37VHRエンジン390RS仕様

投稿者名: Hatanaka 6月 23rd, 2018 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備,雑談

いつもお世話になっております。畑仲です。

今回はZ34NISMOの御入庫です。エンジンパワーアップの為に、3.9L仕様に改造します。(^。^)

エンジン降ろして、分解、加工です。

走行距離は少ないので、エンジンとても綺麗です。

新しい98φピストンをスリーブ加工して入れます。ストローク86mmですので、約3,892ccとなります。カムもEX側272-10.8を使用します。そしてアルトラック製EXマニ+スポーツ触媒、マフラーは車検対応マフラーですが、これで400psオーバーを実現します(^。^)。もうずいぶんと390RSエンジンを組んで来ましたが、常に絶賛いただいています。さらに今は形状もこだわった新タイプのピストンです。今回もオーナー様に驚いてもらいます。

更にはもう1基390RS仕様のオーダーをショップさんよりいただいています。コンロッドが在庫切れしていまして納期がかかってしまいますが週明けにエンジンのみで持ち込まれます。

コメント(0)

オプション編集部に行って来ました。

投稿者名: Hatanaka 6月 09th, 2018 | カテゴリ: お知らせ,チューニング,デモカー,一般情報,雑談

お世話になっております、畑仲です(^。^)。

先日新木場のオプション編集部に撮影でR35GTRを持っていきました。OPTION誌の表紙にしてもらえます。

撮影風景。カメラマンは金子さんです。それと編集部の加地さん。(^。^)

撮影風景をブログに載せる許可を頂きましたのでアップしています。

いろいろ照明の当たり方変えたりしながら撮影を進めます。頭の中では仕上がる写真が見えているのでしょうね。さすがです。

この写真が紙面ではどのようになっているのか楽しみです。(^。^)。雑誌と見比べて見ると面白いかもですね。

コメント(0)

R35ミッションメンテナンス

投稿者名: Hatanaka 5月 14th, 2018 | カテゴリ: お知らせ,チューニング,一般情報,整備,雑談

お世話になっております。畑仲です(^。^)。

先週末ですが、R35GTRのミッションメンテナンスメニューを施工しました。

午前中に入庫いただいて、午後4時ごろ終了しました。作業自体はそんなに掛かるわけではないのですがミッション、エンジンが温まっているので油量調整の為に冷やす必要があるので冷え待ちですね。

コントロールバルブを外したところ。

コントロールバルブ。80,000km走行なのですが、以前にもメンテナンスされているとの事で綺麗です。しかし鉄粉が若干付いていますので、綺麗に掃除しました。

フィルターとストレーナーも新品に交換します。

下が、古いフィルターとストレーナーです。汚れていますね。これは、初めて変えるので、80,000km分の汚れですね。

オイルパンも掃除して組み付けました。クラッチ学習もしてまた快適にお乗りいただけます。

お知らせ。

現在、メカニック工場を工事しております。新しい工作機械が搬入される予定です。いろいろ御不便掛けますが、よろしくお願いします。m(__)m。

 

コメント(0)

HSL30

投稿者名: Hatanaka 4月 20th, 2018 | カテゴリ: チューニング,一般情報,希少種

いつもお世話になっております。畑仲です(^。^)。

先日ちょっと紹介しましたHSL30。ヘッドを降ろして面研とカム加工に出しています。ヘッドを降ろす時に、ヘッドボルトが折れました(T_T)。お客様には報告して、直す事にしていました。最悪はボルト穴明け直して、タップを立てれば良いのですが、車上でやるのはハンドドリルになってしまうので直角に上手く明けるのは難しいです。

何とか抜くためにボルトを短く切って、ボルトにダイスでネジを切りました。そしてナットを溶接して・・・・。

こんな感じ。火花が散るのでスパッタシートというカバーを掛けてボディを保護しました。

そして。

抜けました(^_^)v。

大掛かりなことにならずに済みました。

そろそろヘッドの加工も終わって来るので、作業進めます。

明後日はモーターファンフェスタです。デモカーも準備しています(^。^)。

コメント(0)

モーターファンフェスタ参加します。

投稿者名: Hatanaka 4月 18th, 2018 | カテゴリ: イベント,サーキット,チューニング,デモカー,一般情報

いつもお世話になっております、畑仲です(^。^)

4/22に富士スピードウェイにて開催されますモーターファンフェスタ2018に車両を展示いたします。AパドックのOPTIONブースになります。

車両展示とグリッドウォークに参加予定です。色々なイベントもありますので、是非御来場ください(^。^)。

当日お会いしましょう。(^_^)v

コメント(0)

Zつながり

投稿者名: Hatanaka 4月 10th, 2018 | カテゴリ: チューニング,一般情報,希少種,雑談

いつもお世話になっております。畑仲です(^。^)。

先日紹介しましたHSL30のほかに、Z32が2台。ZがZを呼ぶのでしょうか?

偶然ですが同じ車が集中するという事があります(^。^)。インプレッサばかりになったり、ランサーばかりになったり、今回はZですね。

R型エンジンはZが付かないフェアレディこちらはエンジンだけですが。HSL30はZがついた最初のフェアレディの最終型USA仕様逆輸入車、Z32はVG30DETTツインターボで一世を風靡したZですね^^。赤い方はワイドボディキットや3.2L化と気合が入っています。緑の方はスポーツ触媒に交換です。歴代フェアレディが入庫しています。S130やZ33,Z34があれば完璧ですねw。

 

コメント(0)

R型エンジン

投稿者名: Hatanaka 4月 05th, 2018 | カテゴリ: 一般情報,希少種

いつもお世話になっております。畑仲です(^。^)

いろいろなエンジンをオーバーホールするのですが、今は珍しいエンジンをオーバーホールしています。日産のR型エンジンです。

フェアレディのSPL310というお車のエンジンです。錆を落として、オーバーサイズピストンにあわせてボーリング、ホーニング、ブロックは日産のブルーに塗りました。

 

 

 

ヘッドもバルブ交換、ガイド入れ替え、いろいろ修正して、サンドブラストで綺麗にしました。

部品が揃ったら、組み立てます。

*4/18 加筆、修正しました(^。^)。

 

コメント(0)

CL1セッティング続き

投稿者名: Hatanaka 3月 27th, 2018 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備,雑談

いつもお世話になっております、畑仲です(^。^)。

CL1セッティング続きですが、243.5psとなりました。JUNピストン、JUNカム、FCONVPROと言う仕様です。

171.9kw ×1.36で、243.576ps/7,300rpmになります。調子良いです。

しかし試運転していると、エンジンチェックランプが点灯。RICHエラーになってしまいます。BB4やBB6では問題ないのですが、CL1だと色々新しい分手ごわいです。

最近は車検でエンジンチェックランプなど見られますので、ランプを切ってしまう事もできませんので、ランプ点灯しないように工夫が必要です。

O2センサーフィードバックを追加して、純正ECUの空燃比補正が大きくなりすぎないようにしました。

もう少しで完成です(^。^)。

 

コメント(2)

CL1セッティング他

投稿者名: Hatanaka 3月 24th, 2018 | カテゴリ: サーキット,チューニング,デモカー,一般情報,整備,雑談

 

お世話になっております畑仲です(^。^)。

今日は以前からエンジン組立てなどをアップしていたCL1のセッティングに掛かっていました。FCONVPROでVTECコントロールする為に純正のスプールバルブソレノイドの配線をFCONVPROで乗っ取ってしまったのですが、エンジンチェックが点灯してしまいました。BB4やBB6等では問題なかったのですが。

CL1はVTECソレノイドの抵抗を監視しているようです。抵抗を調べると30Ωくらいですので、30Ωの抵抗を介してGNDに落とします。12VのON-OFFなので念のためコンデンサーで逆起電力を吸収するようにしました。実は普通にリレーで制御するとリレーが焼けてしまうのです。A/Cコンプレッサー用のリレーなど使うと問題ないのですが、今回はリレー使わないのでコンデンサー入れました。(^。^)。

セッティング途中の写真

前回記事にしましたOPTIONビデオVol289が発売になりました。結果は残念な結果でしたが、(^_^;)。とりあえずお待たせしているお客様の仕事を片付けて、デモカーのミッション点検とABS修理だしです。

他にはBRZのSTIスポーツのチューニング相談。R35GTRのお客様の応対、A187Aスタリオンのスロットルボディ分解清掃など、やっておりました。土曜日は中々集中できないので作業がはかどりませんね。

コメント(0)

次ページ »