Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

Evo10セッティングとBNR32クラッチ交換

投稿者名: Hatanaka 4月 25th, 2017 | カテゴリ: チューニング,一般情報,希少種,整備,雑談

いつもお世話になっております。畑仲です(^。^)。

今日はEvo10にポンカム組んだ車両のセッティングしてました。

いろいろがんばって見ました、385psになりました(^。^)。しかし、うちのカムの方が良いかもですね、400psくらい出た事がありましたヽ(^o^)丿、ええ、宣伝ですw。

ただ、ブーストコントローラーのオーバーシュートが激しく、ブーストMAP作って見たりしましたが、ブーストが安定させられませんでした。その影響もあるかもですね。おそらくコントローラーが意図的にオーバーシュートさせるような制御してるんでしょうか?別のコントローラーやVVCだとこんなに酷くなりません。(ーー;)。パワーグラフが波打ってしまいます。

Evo10では良くある話なのですが、コントローラーでもかなり変ってきます。

他にはBNR32のクラッチオーバーホール。ディスクが減りすぎて、オペレーチングシリンダーが底突きしてました。滑ってはいませんでしたが、常に半クラッチの状態ですね。(^_^;)

古くてグリス切れで偏磨耗していたので、クラッチがやたら重くなっていました。

上がオーバーホールキットの新品、下が使っていたディスクです。辛うじて摩材が残っている感じです(^_^;)。

新品オーバーホールキットを組み込み、ミッションのFカバーやレリーズベアリング、スリーブなど新品で組みました。

クラッチも軽くなり、快適になりました。

 

コメント(0)

BCNR33ターボ交換

投稿者名: Hatanaka 12月 15th, 2016 | カテゴリ: チューニング,一般情報,雑談

いつもお世話になっております、畑仲です。なかなか作業に追われて更新サボってました。BCNR33のターボ交換しながら、GVBの車検受け行ったり、エルグランドのアライメント調整やったり、エンジンオーバーホール見積もり書いたり、ブーストアップの相談いただいたりといっぱいいっぱいでした。何とか目処も付いたので、記事書いています(^。^)。

RB26のターボの交換、中古のBNR34用ターボと交換と言う依頼です。純正ターボ壊れたのなら有りと思いますが、大して変わらないような気もします(^_^;)。

中古部品と言うのも気になります。シャフトのガタ位は点検できますが、素性が全くわからないので怖いですね。その辺はお客様とよく話し合っての御依頼ですので、さくさくと進めます。

img_3803

他にインタークーラーパイプと、ダクトの取り付けも。バンパーリーンホースに穴を開けて、バンパーフェイスにも穴を開けて。

img_3810

しかし持ち込まれたダクトにはBNR32純正のNISMOダクトのように固定する為の金具のようなものが何もありません(^_^;)。しかたなく両面テープで止めてみます。

まあ、遠めには綺麗に付いたかな?ダクトの形も歪んでいたりして、気持ち浮いてしまったり(^_^;)。

img_3811

後は、セッティング&パワーチェックで終了です(^。^)。

 

コメント(0)

S15セッティング

投稿者名: Hatanaka 12月 05th, 2016 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備,雑談

いつもお世話になっおります、畑仲です(^。^)。

先週末にはなりますが、S15セッティングしました。ブーストアップ+インジェクター交換で、約300psになりました(^。^)。

img_3788

img_3787

お客様の要望は300ps、S15の場合は、純正インジェクターが約440cで、おおよそ計算上は300psがリミットになります。通常はブースト0.8kで、280psくらい。ノーマルのブーストアップの一般的なパワーです。しかしお客様の要望は300ps、ブースト1.0k掛ければ出るパワーですが、インジェクター100%噴射で使うのも危ないので、NISMOの555ccインジェクターに変更しました。これで約80%で収まるはずです(^。^)。

同じ仕様のデーターを書き込んで、セッティングを始めます。

しかし、ブースト掛かってくると妙に薄くなります。これは燃圧落ちているなと言うことで、パワーチェックしながら、ポンプの電圧を点検しました。問題無しなので、ポンプ本体不良と言うことでNISMOポンプに変更しました。古いお車ですので弱っていても不思議ないですね。

結果、濃すぎるくらいになりましたので、濃いところを少し絞ってA/F10.8くらいになるように合わせ込みました。

安全マージンとって300ps出ましたので良しとしました(^。^)。

 

 

コメント(0)

オクタン価

投稿者名: Hatanaka 11月 29th, 2016 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備,雑談

お世話になっております、畑仲です(^。^)。

先日BNR32でヘッドガスケット交換中と紹介しましたお車ですが、あちこち追加作業でようやくセッティングに漕ぎ着けました。(~_~;)。

オーナーさんは横田基地のアメリカ人なんです。

以前にも有ったのですが、アメリカに持って帰って乗るので、アメリカのガソリンでセッティングしてくれと言うことでした。そして基地内のスタンドでガソリンを買ってきてくれました。

話を聞くと、91オクタンといいます。以前も同じ燃料でセッティングした事があるのですが、実感として91オクタンじゃ無い感じ?91オクタンだと日本のレギュラーと同じくらいですもんね。98オクタン位あるんじゃないの?と言う感じなんです。

詳しく聞くと、オクタン価の測定法方が違うらしいです。アメリカはアンチノックインデックス法という測定方法で、日本はJIS規格なんですけどリサーチ法です。

アンチノックインデックス(AKI)91オクタンでリサーチ(RON)95オクタン位になるそうです。なるほどw。単位が違いましたね(^_^;)。

N1ターボとカムとヘッドガスケット、NISMO555インジェクターにR35MAFセンサー、ブースト1.3kで500ps丁度になりました(^。^)。

セッティングを是非見たいと、お客様立会いでセッティングしました。お客様にも喜んでいただきました。

img_3783

コメント(0)

車検行ってきました。

投稿者名: Hatanaka 11月 01st, 2016 | カテゴリ: チューニング,整備,車検,雑談

こんにちは、畑仲です(^。^)。

今日は、車検のお車紹介です。ずーっと当社で扱わせていただいているZ16Aのお客様です。ワイドボディ加工、ボディ補強からエンジンのターボ、カムやサージタンクなど、制御はFCONVPROでやっています。そして、公認申請もしてあります(^。^)。

img_3738

3Lで、TD04のツインターボなのでアクセルレスポンスがとても良いです。

しかし、FCONVPROの初期製品を使っているので、何か悪くなっているようです。ちょっとFCONVPROに触れるとエンジンストールしたりします(^_^;)。これも今回は直します。

Ver3.4に交換とセッティングかなと思っています。その前に不具合よく点検ですね。

コメント(0)

シルビアセッティング

投稿者名: Hatanaka 10月 24th, 2016 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備,雑談

お世話になっております。畑仲です(^。^)。

先週からS13にS14エンジン載せ換えたお車のセッティングをしています。

当社では通常Rom Scorpという機械を使ってセッティングしているのですが、その機械が壊れてしまいました(-_-;)。

20年くらい前に100万位で購入したものです。

Romデーターを表示して、読んでいるところをトレースして、リアルタイムでデーター変更できる優れものなのですが、今回使おうとしたら壊れました。

こいつが無いと、昔ながらのRomを焼いてはパワーチェックして、良くないところを書き直して、またRom焼いてパワーチェックの繰り返しという作業になります。いつもの5倍は時間掛かります(^_^;)。

img_3711

仕方なく、PC98とロムライターでセッティングしました。

写真に写っているPC9821って、ノートパソコンがカラーになった始めの方のモデルです。当時50万近くしました。

img_3712

ここに写っているNEKOコーポレーションの追加基盤はもう廃番ですし、S13からS15までの純正ECUセッティングが追加基盤在庫分で出来なくなってしまいます。

R33系やR34系もH8/534とかH8/536のCPUが手に入らなくなってきていますので、在庫限りでしか出来なくなってしまいます。

いまどきPC98と言うのも、やばいですよねw。いつ壊れるか判らないし。

当社の本社の機械加工の現場でもPC98が現役で動いていますw。フロッピーディスクなんで言うのも現役ですw。工場の機械などには未だにpc98が現役なんですよね・・・・。

最近話題のニスチューンを使うかな。検討中です。(^。^)y-.。o○

 

 

 

 

コメント(0)

エンジン不調続き

投稿者名: Hatanaka 9月 15th, 2016 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備,雑談

お世話になっております。畑仲です。

昨日のエンジン不調の続きです。エアフィルター、FUELフィルター交換や各部チェック作業終わって、リセッティングに入りました。

A/F計セットして、ECUのエミュレーターセットして、シャシダイに載せて、とりあえずブーストの設定チェックしました。・・・・。しかしブーストが05k位しか掛かりません(~_~;)。

配管抜けは直したし、配管抜けてれば黒煙もうもうのはずですが、A/Fはばっちり11.0あたりに居ます。

これは空気を吸えていないということなので、マフラーつまりかタービンの羽がなくなってるか(^_^;)。

変な音もしないので、マフラーつまりを疑って触媒外して見ました。

img_3613

溶けているとか、崩れているとかではなくて、カーボン(煤)が、ギューッと詰まっているようです(゜o゜)。通常みえる反対側の光も通りません、

これでは無理ですね。(~_~;)。

とりあえず、触媒をストレートパイプに交換してパワーチェックして見ました。

ブースト1.1kかかったので、セッティング進めて、441.5psゲットヽ(^o^)丿。

arai-bcnr33-power

純正ターボ、ノーマルエンジン、カムスプロケットのバルタイ調整での数値です。

8年前にブーストアップ施工したときよりパワーアップしています。かなり良いとおもいます。

この後お客様に連絡して、スポーツキャタライザーお買い上げいただきました。入荷次第触媒取り付けして終了です。

エンジンブローか??という状況から、復活ですヽ(^o^)丿。

 

コメント(0)

触媒トラブル

投稿者名: Hatanaka 8月 08th, 2016 | カテゴリ: チューニング,一般情報,整備

いつもお世話になっております。畑仲です。

先日パワー出ないGRFを記事にしましたが、バルタイに問題なくて触媒を点検して見ました。SUBARUの触媒は、セルの前後のパイプが曲がっているので直接は見えません。しかし、少しだけ見える端の方がおかしなことになっていたので、お客様の了解を頂いて、切ってみました。

IMG_3488

こんな風にパックリと・・・。なんでも無いとまた溶接するようですね(^_^;)。

IMG_3487

こんなになっていました。あまり酷くはないですが、崩れて目が詰まっています。

お客様の話では、高速道路走行中にオーバーヒートで、エンジン壊れて、地元で直したとの事でした。エンジントラブル起こしたときに、エンジンチェックランプや他の警告灯も点いていたと言う事なので、排気温度が異常に上がってしまったのでしょうか?

IMG_3489

触媒を新しい物と交換してセッティング取り直したら、330psでました。トルクは53kg-mもでました。

IMG_3490

原因判ってよかったです(^_^)v。

 

コメント(0)

FT86セッティング等々・・・大雪だ!!(+o+)

投稿者名: Hatanaka 2月 08th, 2014 | カテゴリ: チューニング,一般情報,雑談

本日は大雪ですね^^;。吹雪と言ってもいいかもw。近年無かった様な降り方で、車が埋まってしまいそうです^^;;。

頑張って雪掻きしてみましたが、まったく役に立ちませんw。雪掻きするそばから積もっていきます。30分で元の木阿弥ww。

キリないです^^;;。

来週末は大阪オートメッセです。中央道が雪なければいいが^^;大動脈なので、すぐに雪掻きしてくれるでしょう^^。

そしてお題の、FT86セッティング。 昨日みっちり冷え込んだ中、FT86のセッティングを仕上げていました^^。

 

黒の86もカッコいいですね^^。EcuTeKを使ってセッティングしてますので、RaceRomのオプションで、ランチコントロールや、フラットフットシフト、オートブリッピングも使えるようにセットしました^^。なかなか楽しいです。マップを4種類切り替えて使えますので、マップ1を標準で燃料や点火のセッティング、バルタイのセッティングをしたマップにします。同じセッティングのまま、マップ2ではランチコントロールとフラットフットシフトを追加して、マップ3でさらにオートブリッピングを追加しています。これを自由に切り替えて使えます。

ランチコントロールと言うのは、スタート時に使うもので、1速に入れて、クラッチ切った状態でアクセル全開にすると4000rpmでレブリミッターが作動します。アクセル全開のままクラッチミートすると、動き出して車速5km/hで解除になって、通常のレブリミットまで廻ります。アクセル踏んだままスタート切れます^^。回転数は路面状況に応じて自分で設定できます^^。

フラットフットシフトは、40km/h以上(設定変更可)で、アクセル全開のままクラッチ切ると、そのクラッチ切った回転から+100rpm(設定変更可)でレブリミッターが入って、アクセル戻さないでシフトアップできる機能です。通常レブリミッターが7400rpmとして、たとえば2速7000rpmでアクセル戻さずにクラッチ切ると、7200rpmでレブリミッターが作動して、全開のまま3速にシフトアップできます^^。素早くクイックシフトしてもギヤがスッと入ります。あまり長く作動させてはタイムロスに成っちゃいますが、うまく使うと、タイムアップできそうです^^。

*上記いずれのレブリミッターも点火タイミングを―20°などと遅らせるので、エンジンを痛めることは無いと思いますが、排気温度が上がるので使いすぎると触媒を痛めます。常用はお勧めしません。

オートブリッピングは、40km/h以上(設定変更可)で、ブレーキ踏んでからクラッチ切ると、ブォンとアクセルを自動で吹かします。日産のシンクロレブのような機能です。面白いですが、シンクロレブのように、回転をギヤ比に合わせてくれるわけではないのでちょっと使いにくいかもですね^^;;おまけみたいな感じですww。

NAですので、ECUセッティングのみで、ドカンとパワーアップするわけではないのですが、EcuTeKの場合は、このようなおまけのオプションも使えます^^。

コメント(0)

セッティング中。ですが暑い!

投稿者名: 担当A 8月 28th, 2010 | カテゴリ: チューニング

8月も終わりだというのに本当に暑いですね。

Read more

コメント(0)