Inside JUN Auto Mechanic

everyday experience

エンジンオーバーホール


車種別メニューはこちらから インプレッサ(GC8,GDB,GRB)ランサー(CP9A,CT9A)GT-R(R32,33,34)


「エンジンオーバーホール」と一言でいっても、その内容は千差万別です


オーバーホールとは、分解、洗浄、組立を行うことですが、それだけでは新車時の性能には戻りません。必要に応じて部品交換や機械加工が必要になります。単純に、ベアリングやピストンリング、オイルシールの交換のみでは十分な性能回復は見込めません。


JUNで行われるエンジンオーバーホールは、「新車時以上の性能」が基本です


長期間の使用でエンジン内部の部品は消耗している場合がほとんどです。ピストンやシリンダーの摩耗、バルブシートリングの当たり不良などで、エンジンの圧 縮圧力はダウンしてしまいます。必要に応じてシリンダーボーリング、バルブシートカットを行うことによって圧縮を回復します。また、組み付けは熟練のメカ ニックが行うことで、量産エンジンに比べて精度の高いエンジンが仕上がります。そのエンジンフィールはまさに「新車時以上」です。


ステップアップも可能です


ノーマルに対して大幅なパワーアップを狙うには、エンジン本体の強度が不足する場合があります。ピストンやコンロッドに強化品を使用することにより、エン ジンの対応馬力を大幅にアップすることが可能です。また、排気量を増やしてトルクアップを狙うのも有効な手段です。JUNでは鍛造ピストンや、排気量アップキットをご用意しています。


排気量アップの効果

エンジンの出力を向上させる方法として有効なのが「排気量アップ」です。これはターボチャージャーの大型化やハイカムなどのように「低回転のトルク低下」がありません。むしろ低回転域のトルクは向上し、ストリートでの扱いやすさも格段にアップするのがポイントです。




同一の補機類を使用した場合、最高出力が大幅にアップすることは見込めませんが、そこへ到達するまでの特性がかなり向上しているのがわかります。


エンジン単体での対応も承ります

遠方にお住まいの方など、お車をお持ち込み頂けない場合はエンジン単体での対応も可能です。

車両から降ろしたエンジン単体をお送り頂ければ、分解、点検後に詳細のお見積もりを致します。


車種別メニュー

車種ごとのエンジンオーバーホールメニューはこちらから。

インプレッサ(GC8,GDB,GRB)

ランサー(CP9A,CT9A)

GT-R(R32,33,34)

Comments are off for this post

Comments are closed.