Inside JUN Machine shop

‘カムシャフト’ タグのついている投稿

VR38のヘッド加工&カム!

2012 年 9 月 3 日 月曜日 by 営業A

VR38のヘッド加工は相変わらず多いかと思います。

もちろん、カムも多くご愛用頂き、更には好評も頂き有り難い限りです。

VGからVQ、そしてVRと!日産のV6ヘッド(乗用車に限る)のシート加工の経験値は間違い無く世界一(量産除く:当社比)かと思います。

そんな訳で今日もUAEからヘッドが1台、エンジン1台、カタールから車ごと1台預かって、返すときは予備を含めてエンジンを4台(新品加工済み含む)を返します。

高精度加工は海外でも出来るところは多くありますが、やはり経験は非常に重要でして、現地でも違いが解るそうです。でなきゃ、わざわざ送りませんもの~。

それだけに、現場のヘッド班は全てのヘッド加工に対して、お客様の期待に答えなきゃ!!

ハーレーカムシャフトWPC

2011 年 8 月 9 日 火曜日 by 営業D

営業Dです。最近ハーレーばかりの話多いですが・・・

最近WPC処理する方が多くなってきましたねぇ。

出来た物を見ると、いい仕事してくれそうに綺麗です。

マレーシアで激走しているR35GT-R!

2011 年 5 月 7 日 土曜日 by 営業A

マレーシアで走っているM7GT-Rです!!

マレーシアでのM7のデモカーとなります。

現地では各マスメディアでも紹介されていて、JUNは今回エアロとカムを協賛させて頂いております。

ちゃんと撮影なさっているので、めっちゃ格好良いです。

イエローカラーのR35GT-R

2010 年 9 月 8 日 水曜日 by 営業A

19日(日曜日)富士スピードウェイで行われるR’sミーティングに向けて、着々と黄色になっています。塗装終わったばかりのGT-Rはそりゃまばゆいばかりの黄色!!

完成するのが楽しみです!!

中身の方も新型カムシャフトが組まれており、セッティングも完了済みです。

K20Aボルトオンカムシャフト再登場!

2010 年 6 月 30 日 水曜日 by 営業A

K20Aのタイプゼロカムが再登場しました・・・・。

って、随分前に設定してあったんですが、先に発売したのは「FD2用」でした。

今回、DC5用でもかなりの良いプロフィールが出来て、ノーマルECUでもパワーアップできる、ボルトオンカムシャフトを「FD2」「DC5」共通のカムとしてリリース致しました。

実はこのカム・・・、全部で10種類位のプロフィールを作り、製作は8セット作り、トライ&エラーの繰り返しでようやく出来た逸品です。

ノーマルECUでもOKだし、セッティングすれば更なるパワーアップも望めて、ノーマルバルブスプリングの性能をフルに引き出したカムシャフトです。

カム交換は車上で行えますので、是非是非ご検討下さい。

超、超、自信作です。

http://www.junauto.co.jp/products/cylinderhead-part/camshaft/camshaft-k20.html

カムシャフトWPC処理

2010 年 3 月 24 日 水曜日 by 営業D

営業Dです。今日は雨、一時夕方にはミゾレ混じりでしたね。寒い・・・

先週の土曜日はスゴイ光景を見ました(営業車にて関越オーバーパスの橋にて)

新座辺りですかね、上りも下りも車がびっしり・・・・6車線全部駐車場になったかのごとく、渋滞・・・・

行楽地に向かう渋滞も厳しいですが、この日仕事というのも・・・・・むなしい限りでした。

今回、カムシャフト(中古)ですが、WPC処理行いました。

摺動性向上という事でのご依頼でした。ハウジング側を処理するか迷いましたが、カム側を施工しました。

VR38DETTの燃焼室加工~♪

2010 年 3 月 9 日 火曜日 by 営業A

遂に、VR38の燃焼室をガリガリ削り始めました~。


後にコンプリートヘッドの製作の為のテストカットですが、思った以上にイメージ通りに削れています。
これからもちろんポートもやって、ベリリウムリング付けて、ビックバルブも付けて、やる事やっちゃいますよ~。
そん時には強化バルブスプリングも出来ているので、もっとリフトの高いカムシャフトも一緒に組み込めるはず!
、この先からはまだ未知との遭遇なので、どうなるか解りません。
だけど、どうなるか解らないのが楽しいんですっ!

VR38のボルトオンカムシャフト完成~♪

2010 年 1 月 6 日 水曜日 by 営業A

R35GT-Rのカムシャフトが完成しました。

 

CAMSHAFT - VQ35DE

 

いわゆるそのまま組んでセッティング無し(この言い方は適当じゃないかな・・)のボルトオンカムシャフトです。バルブスプリングの交換も無し、シム調も無し、バルタイを変更しなくても良い仕様です。

驚いたのは、結構パワー出ます。シャシダイで計測すると、30~45ps位アップし、ノーマルエンジンのブースト1.3k仕様と同じ位です。

もちろん、セッティングして、バルタイ変更すれば、中間もアップして、更なるパワーアップも望めます。

しかし、カム交換・・・、車上では出来なくて、エンジン降ろさないと出来ない・・・。

価格もTYPE-ZEROって事で安価に設定しました。ブーストアップ仕様でプラスαを狙うなら是非お薦めです。

R35GT-Rのエンジン下ろし~♪

2009 年 12 月 19 日 土曜日 by 営業A

オートサロンに向けて、今のままではつまらん!って事で、取り急ぎエンジン降ろしました。

 

DVC00001

 

とりあえず試作で完成しているカムシャフトを組み込んでみます。一応、ECUセッティング無し仕様のボルトオンカムシャフトとなります。しかし、カムの交換のみでエンジン降ろすって事は普通ならECUセッティング位するでしょう!って意見もありますが・・・・。まあ、そこはやってみないと解らないので、ファーストステップとして、どうなるなるんだろう?って所から始めます。

もちろん、1種類ではなく、何種類もテストします。

このまま4.0Lキットを組み込んでも良いんですが・・・・。

続々登場なボルトオンカムシャフト!

2009 年 12 月 10 日 木曜日 by 営業A

弊社では「ボルトオンカム」って言ってます。現在、ECUセッティング無しでそのまま付ければパワーが出ます!ってカムを着々と開発中です。

既にB16/B18では「タイプ-ZERO」カムシャフトとして販売中ですが、この度K20AのFD2用も完成致しました。

 

camshaft-k20[1]

 

このカム・・・・、予想以上のパワーが出て驚いております。もちろん、何度もテストしました。

まあ、セッティングした方がパワーは出ましたが、セッティング無しでもここまで出るとはって驚きました。かなりの種類を試作して、もっとパワー出るのもありましたが、良い所を決めたつもりです。

基本的にはFD2用でDC5用はまだ先になっちゃいます。やっぱ違うようなので、DC5はDC5でテスト予定です。既に沢山ある試作カムからのチョイスなので、直ぐに販売可能と思います。