Inside JUN Machine shop

2009 年 9 月 のアーカイブ

ピッチングマシンのシャフト

2009 年 9 月 30 日 水曜日 by 営業A

又してもネタが無いとか言っていると、急遽シャフトが1本送られて来た・・・。

話に聞くと「ピッチングマシン」のシャフトだそうです。

多分こんなの・・・・。

nb500-sam

2つあるローラーの中をボールが通過してはじき飛ばす仕組みですが、片方のシャフトが歪んでいる為にカーブしか投げられないマシンとなってしまった様です・・・(涙)

しかしシャフトしか無く、どういう風に固定され、ローラーの取付方法が解らないから、解らないけど、とりあえずクランクやカムと同様曲がり点検した・・・。

DVC00118

0.08振れてる・・・。けど、この振れが良いのか悪いのかも解らない・・・。

しかし良く見るとローラーが取り付くだろう円板部にひどい変形がある事を発見、端面を旋盤で引いてやる事にしました。

だけど、これで良くなったか、悪くなかったか、全然解らない・・・。もしかしたら魔球とか投げられる様になっちゃったりして・・・!!

床下空力パーツ(その2)

2009 年 9 月 29 日 火曜日 by 営業D

こんにちは、営業Dです。

前回LEXUSアンダーカバー(床下空力パーツ)紹介しましたが、うらやましくなり、制作&流用を試みたものです。

JZA80に施したのですが、高速の安定度は増し、かなり良くなりました。

P1010482P1010493P1010474

フロアサイドは流用しましたが、汎用ディフューザー+ミッション下部制作+サイド流用+リアストレーキ追加+リアディフューザーです。

マフラーの間も覆いたいところですがご勘弁を・・・

メッキのシリンダー

2009 年 9 月 28 日 月曜日 by 営業C

検索サイトって当たり前ですが皆さん使ってますよね?ヤ〇ーとかグ〇グルとか。

検索サイトの1ページ目にくるのってなかなか難しいんですよ。

ブログをやってて初めて知りました。いつか上位進出を狙っている営業Cです。

本日のネタはこちら。メッキのシリンダーです。

表題にも書いた通り、このシリンダーはメッキがかかっています。

シリンダー上面近くに色の違う部分があるのわかりますか??

アップで見てみましょう。IMG_0181剥離しているんです…。何故かはわかりませんが…

これを直す??出来ないことはありませんが諭吉がいっぱい必要です。

じゃあどうするかって??

実際悩んでます…。

メッキって硬いですから、ちゃんと刃がたつかどうか…。

そんなわけで、これからどうするかは…

後で書くとしますか…(汗

ただいまテスト中でつ

2009 年 9 月 26 日 土曜日 by 営業B

こんばんは、お恥ずかしい諸事情により全身筋肉痛の営業Bでございます。やっぱりクルマいじりは体力ですねぇ(汗

臨床試験中の物をアップするのは少々複雑なところがありますが、これをご覧頂ければと思います。

DSC00782

ショベルヘッドのバルブガイド周辺ですが、画像中央のバルブガイドが臨床試験中の物です。

この年代の車両ではハーレーに限らず、何らかのオーバーホール歴がある場合が多いかと思います。

特に数度のフルオーバーホール歴のある物の場合、すでにオーバーサイズの限界に到達している個体も多くお見受けしてきました。

こういった場合、今まではリン青銅による一品製作のみでの対応でしたが、かねてよりご要望のあった鋳鉄でのオーバーサイズ以上の大きさでのバルブガイド製作を試験的に行なっています。現在数台をこの仕様で出荷しており、問題が無い事を確認した後、正規に加工メニューに追加することとなっています。

材料置換による放熱性向上等よりも耐久性を要する場合等々に選択肢の一つと足りえるかと思います。

確定時には弊社HPにて告知させて頂きますので、よろしくお願いします。

POWER TOUR 2009

2009 年 9 月 25 日 金曜日 by 営業A

POWER TOUR 2009
「~走る!!オートサロン・パワーツアー2009 in 富士スピードウェイ~」に出展する事に決まりました~。

 black01

http://www.e-autosalon.net/powertour/index.php

何だか、急遽決まったこのイベント、元々「2009 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX Rd7/Rd8)」が開催される予定で、それが一気に規模が大きく「POWER TOUR 2009」となった様です。あくまでも憶測ですが・・・。

 

それで、ジュンオートメカニック的には、それなら是非行きたい!??行かねば!??行くしかないだろう!って事で、行く事になりました。

ブースも1区画で車1台だけちっちゃなスペースですが、お近くに来た際はお立ち寄り下さい。

そういや、車1台って、エボⅩはバラバラだし、GRBもバラバラだし、R35はブーストアップだけだし、何持って行くんだ・・・?

ミッション部品のWPC加工

2009 年 9 月 24 日 木曜日 by 営業D

こんばんは、営業Dです。

シルバーウィークでしたが、まだ繋げてお休みの方もいらっしゃるかと思いますが。(うらやましい限りです)

ETC割引で結構大渋滞あったようですね。

走行する時間帯を考えれば渋滞にはまらないんですよね、今回は成功して山梨へは快調に往復出来ました。

P1060276

ミッションパーツ(インプットシャフト、カウンターシャフト、ギア)のWPC加工済みの画像です。

WPC処理は、金属表面処理の一種で金属の疲労強度向上摺動性向上を主目的に加工されます。

表面に非常に細かい凹凸ができ、そこに潤滑油が保持されるので摺動性、耐摩耗性、摩耗熱減少などが向上します。

少しはもつけど何回かすると壊れてしまう部品に処理すれば寿命が延びたり壊れなくなる可能性があります。

保険として施工すれば、可能性は向上すると思われる処理であります。

サファリヘッド

2009 年 9 月 19 日 土曜日 by 営業C

現場の子にカメラを倒されてしまい、フォーカスが壊れてしまって凹んでいます。

仕方の無い事だと思っているが、修理代を気にしている営業Cです。

今回は、以前に加工に来た珍しいヘッドでございます。

タイトルでわかる方はわかると思います。

L型の4気筒のヘッドです。

サファリヘッド①2個並んでいますが、下に写っているヘッドがソレでございます。こぅ見ると違いがあまりわかりませんが…

サファリヘッド②

角度を変えると、ご覧の通り。全くの別物です!ポート形状からウォーターラインまで違います!

もちろん鋳型も違います。ノーマルと比較すると、かなりのハイポートですね。しかもビックリなぐらいビックバルブです。

この時はあまりの感動に工場長へ自慢しに行きました。自分のじゃないのに。

自分:「L4なんですけど、L4じゃないくらいすごいヘッドが来ましたよ!!」

工場長:「サファリだろ?!」

自分:「サファリじゃなくてL4ですよ」

工場長:「だから、サファリだろ?!」

自分:「何ですか、ソレ??」

工場長:「だから、サファリヘッドだって」

初めてそんな名前がついている事を知りました。サファリラリーで使用されたことから付いたネーミングだとか。

自分は「サファリ」を車の名前だと思ってしまったので会話が成立しなかったんです。

旧車ファンの方にはお恥ずかしい話ですが…

当社にいると色々な珍しいエンジンに出会えます。小さな喜びって感じですかね(笑

デスモでつ

2009 年 9 月 18 日 金曜日 by 営業B

こんばんは、営業Bでございまつ。一日中大渋滞の中仕事してましたので、語尾に異常が見られまつ(汗

それはともかく、時間がない(?)のでさくさくと行かせて頂きまつ(^^;;

DSC00769

ひょっとすると弊社ブログでは初登場でしょうか?いわゆるデスモクワトロのヘッドでございまつ。

ドカの場合、腰下は基本的に加工屋いらずですので(笑)頂くお仕事としてはもっぱらヘッド周りとなりまつ。

2バルブ時代から鋳物と加工に関してはすごい事になってましたが、4バルブになってさらにすごい事になった感がありまつ。

個人的にそれを端的に表していると思っているアングルのうちから一枚

DSC00770

マニアの方なら冒頭の一枚とこれである程度読めるかと思いまつ(笑

加工メニューとしてはバルブガイド製作 バルブ研磨 シートカットセット長合せです。

なおバルブガイドはリン青銅にて製作しておりますが、もし銅色した別のあれとかこれとか、、、というご希望については別途お見積りにて承っておりますので、弊社までお気軽にお問合せください。

2JZのサージタンク

2009 年 9 月 17 日 木曜日 by 営業A

前回はもののみごとに1回すっ飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。

そんで、何事も無かったかのように更新します。

DVC00086

弊社の一つの特徴である部品の2JZ用のサージタンクです。

鋳物にして、見た目は落ちるけどもっと安価に作れば良いのにと言われ続け約20年・・・・。未だにハンドメイドで1個づつ丹誠こめて、まさしく丹誠こめて手作りしております。

だけど、1個づつ丁寧に作られただけの事はあって、トラブルも無く、ずーーっと使い続けていらっしゃるかた多くいらっしゃり、時々見かける弊社のサージタンクを見ると、長く使って頂き有り難う!って思います。

そんなサージタンクですが、現在CZ4A!エボ10用をせっせと採寸して製作しております。

しかし、今までに無い苦労を強いられるみたいで、思うようにはいきません。

その内ご紹介出来る時が来るでしょう。頑張れ~。

F-22ラプター

2009 年 9 月 16 日 水曜日 by 営業D

みなさまお元気でしょうか。営業Dです。

だいぶ涼しくなってまいりましたが、エアコンはまだ必需品てとこでしょうか。

先日といっても8/23(日)ですが、福生市にある米軍横田基地に行ってまいりました。

年に一度の「横田基地日米友好祭2009」です。目的は戦闘機見たさなのですが。

家族揃って出かけてきました。というのも飛行機以外でも楽しめます。

開催中は航空機の地上展示、所属機による飛行展示、外人自慢の車、ドラッグカーなど楽しめます。

またバンド演奏、食べ物やグッズ、ゲームの露店、花火・・・異国の雰囲気といった所でしょうか。

P1060022_MG_5959

_MG_5837

F-22(Raptor)、この機は航空自衛隊の時期主力戦闘機(F-X)の候補に名前が挙がったステルス戦闘機です。

友好祭に合わせて、嘉手納基地より飛来、本土では初公開です。(売り込み宣伝という事でしょうか)

超音速巡航能力やステルス性能のある「落とせない戦闘機」とでもいいましょうか。

画像のタイヤアップはメーカーどこかな?と望遠にて確認「MICHELIN AIR」と書いてあります。GOODYEARかと思ってましたが。

P1060003P1060040P1060045P1060033

機能美とでもいいましょうか、かっこいいですね。

娘たちは、ケーキやジュース買うために、外人さんとかたこと英語のやりとりができて楽しんでいたようです。