Inside JUN Machine shop

シリンダースリーブ(ライナー)の恐怖

2009 年 7 月 29 日 水曜日 by 営業C

営業Bのご紹介にあずかりました「懇切丁寧な営業C」でございますw

いやはや、連日暑いですねぇ。今日なんか一昨日に購入して会社の冷蔵庫に保管しておいた烏龍茶を飲んだところ、後味に何故か酸味がありました。

正直、これを飲み干したら明日は会社に来れないな…と思う味に仕上がってました。

続きものではないのですが、営業Bとネタが続いています。

スリーブ(ライナー)に関してです。こちらはバイク用のスリーブなのですが、片肉の肉厚が1.0mmしかありません。加工自体は可能ですが、スリーブの下端が薄くなっている為にホーニングはえらい大変です。寸法出すのも一苦労です。

物理的に薄くすると強度は落ちます。その実験です。

e382b9e383aae383bce38396e291a02e382b9e383aae383bce38396e291a1この2枚の画像をよ~くご覧下さい!

同じシリンダーですが、人力で寸法が変化します。これは恐ろしい!!

ちょっと触っただけです。オサワリ程度です。お金は取られない程度に触っただけです。

許して下さい。オサワリ厳禁?!

確かにそうかもしれません。スリーブ肉厚が1.0mmだと…。

極薄スリーブの恐ろしい実験結果でした!!

タグ: , ,

関連記事

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.